MEGUMI&醍醐虎汰朗、まるで本当の親子のよう「すぐオカンスイッチが(笑)」

映画・舞台 公開日:2020/09/17 4
この記事を
クリップ

小説すばるで新人賞を受賞するなど、多くの読者を魅了する作家・野中ともその大人気小説『宇宙でいちばんあかるい屋根』(光文社文庫刊)待望の映画化。迷える少女の不思議な出会いと成長をフィルムに収めたのは、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『新聞記者』の監督・藤井道人。主人公、14歳の少女・大石つばめを演じるのは、2021年春NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに抜擢され、今最も注目を浴びる若手実力派女優・清原果耶。本作が映画初主演、藤井道人監督とは『デイアンドナイト』に続くタッグとなる。

つばめの前に現れた老婆・星ばあ役には、数々の映画賞に輝き、『SAYURI』でハリウッド映画初出演以降世界で活躍する実力派・桃井かおり。つばめが恋するお隣の大学生役に、NHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演するなど活躍の場を広げる伊藤健太郎。つばめの父役には日本を代表する俳優・吉岡秀隆、つばめの義母役には人気実力を兼ね備える女優・坂井真紀。そして水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗など注目のキャストが集結した。

主題歌は、透明感のある歌声とその詞世界でファンの心を掴む、シンガーソングライターCoccoの書下ろし楽曲『今とあの頃の僕ら』。本作主演の清原果耶が、伸びやかな歌声でヒロインの心の旅を爽やかに歌い上げた。星ばあが教えてくれたあかるい屋根の秘密。懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語。

そしてこの度、9月16日に醍醐虎汰朗、MEGUMI、藤井道人監督が登壇したVRショートムービー『宇宙でいちばんやさしい時間』特別上映付き舞台挨拶イベントを実施した。VR特別上映を観客と一緒に鑑賞していた醍醐虎汰朗、MEGUMI、藤井道人監督が客席から登場。まず醍醐は「今日は大変な状況下の中多くの人にお集まりいただきすごく嬉しいです。今日はよろしくお願いします!」、MEGUMIは「監督もそうだと思いますが、私たちも初めて尽くしの撮影でした。そんな作品を体感していただきましてとても嬉しいです。今日はよろしくお願いします」、藤井監督は「今日は短い時間ですがよろしくお願いします」と挨拶をした。


VR作品に初挑戦した藤井監督は「映画監督としてもまだ一人前ではないのにまた違うジャンルを、と思いましたね。自分の中でも新しいことにチャレンジすることで取り入れられることがあるんじゃないかと思って、色々な人に支えてもらいながら楽しくやれました」と話し、醍醐は「星ばあの顔にカメラがついていて、それが初めて見た時ホラーチックで(笑)結構怖かったです!あとは、普段はカメラを見ないで演技をするので、カメラを見なくちゃいけないというのは初めての経験でした」、MEGUMIは「カメラを見る違和感と、カメラに髪の毛が生えているみたいな(笑)でも、お芝居を俳優部としては最初から最後までワンシーンワンカットで出来るというのは緊張感があるんですけどすごく楽しかったですね」と話すと、醍醐とMEGUMIが本当の親子のようでしたMCに振られ「マコトは絶妙にムカつくんですよね(笑)私も息子がいるのですぐオカンスイッチが入ってしまって(笑)」と話した。

実際にVRゴーグルをつけて本作を観た醍醐は「本当にすごいですよ!屋根のシーンとかVRで見ると空を飛んでるみたいで。話しているシーンも実際にしゃべりかけられてるみたいな感覚でした」と話し、MEGUMIは「本当にそこにいる感覚で。エンディングのクラゲが出るシーンは本当にクラゲがぶつかるんじゃないかと思うくらいの感じでしたね。まさしく物語を“体感”しているという感じでした」と話した。藤井監督は初のVR撮影の発見を聞かれると「観客が見たいところを見れちゃうので、細部までこだわる必要があって。カットがあるフィクション性というよりも体験してもらうように撮っていて、ワンシーンずつお芝居を成立させるために演出をしっかりしないとな、と思っていました」と話し、またMEGUMIは「私はお芝居をする以外にも車いすを押す役割もあったので。撮影部の目線でやれたのは面白い経験でしたね」と話した。醍醐は「だんだん星ばあの顔がカメラになっているってのは違和感がなくなってきて、それに長尺の芝居だったので本当にその世界に入ってしまっているかのように思いながらお芝居できました」と話した。

MEGUMIをキャスティングした理由について藤井監督は「この企画が通った瞬間にMEGUMIさんだ!と思って。桃井さんのDNAを継いでいて且つ醍醐くんの母って考えたらMEGUMIさんしかいないなと思って、お願いさせていただきました」と話した。また親子役を演じた醍醐とMEGUMIはお互いの印象について、醍醐は「ものすごく優しいです!同じシーンのところでも、僕がやりやすいようにやってくれているんだなあと思っていました」、MEGUMIは「醍醐君はすごく気合の入っている方だなあと思います。最後のシーンとかは特に何度も何度も監督と話し込みながら作っていたのを見ていたのでお芝居にひたむきな方だなあと感激しました」と話している。




最後に醍醐は「本日は短い時間でしたがありがとうございました。本編もこのVRの作品もどちらも優しい心温まるいい作品だと思うで、日常でなにかに行き詰まったりしたときとかしんどい時とかに観ていただけたら嬉しいなと思います」、MEGUMIは「大変な時代ではありますが、エンターテイメントは心のよりどころだなと特に最近痛感しております。この作品は人と人を真正面から描いた温かい作品になるので、そういうところを感じていただきながら、みなさんの生活に1ミリでも良い影響が与えられたらいいなと思います」と挨拶し、藤井監督は「映画の受け取り方は人それぞれあると思いますが、なにか心に残っていただけるシーンとかセリフとかがあってくれたら作った甲斐があると思います。この作品がさらに色々な人に届けばいいなと思います。今日はありがとうございました」と締めくくり、大盛況のままイベントは幕を閉じた。


【インタビュー】伊藤健太郎、躍進支える高校時代の潔い覚悟「第二の何かを作りたくなかった」




■VRショートムービー『宇宙でいちばんやさしい時間』

auスマートパスプレミアム会員限定で9月18日(金)より配信スタート
出演:醍醐虎汰朗 MEGUMI 嶋田久作 上原実矩 富山えり子 山中崇 吉岡秀隆


(C)KDDI

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)