山﨑賢人主演作に藤木直人が“ロボット役”「2度とないであろう」

映画・舞台 公開日:2020/09/17 7
この記事を
クリップ

1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、50年以上経つ今でも色褪せぬ名作として世界中で愛される『夏への扉』(著:ロバート・A・ハインライン)。この度、本作を山﨑賢人主演、三木孝浩監督(『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)にて映画化、2021年に公開されることとなった。



『夏への扉』の追加キャストとして、2021年NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』の主演が決定している清原果耶、今年俳優生活25周年を迎える藤木直人の出演が発表された。


1995年東京-。科学者の高倉宗一郎は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池や実用化ロボットの完成を目前に控えていた。


愛猫のピートと、松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、罠にはめられ、研究を奪われ会社も追われてしまう。さらに宗一郎は冷凍睡眠させられ、目が覚めた時そこは、2025年の東京だった―。


ピートや璃子の死を知り、すべてを失ったと知る宗一郎だが、ヒューマノイドロボットとPETE(ピート)の力を借り、30年の時を超えて璃子を救おうと決意する―。



清原果耶が演じるのは、恩人であり養父の松下の娘で、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に想う松下璃子。数奇な運命に翻弄されながらも、宗一郎を慕う、意志の強い女子高生を熱演する。


清原は、自身の最初の映画が本作の監督を務める三木監督作品だったこともあり、「また監督とご一緒させて頂ける事がとても嬉しかった」と語り、三木監督もまた、当時「いつかヒロイン役をやってね」とお願いしていた清原の出演を念願が叶ったと、喜びのコメントを寄せている。


藤木直人が演じるのは、2025年のヒューマノイドロボットPETE(ピート)。PETEは未来を変えようとする宗一郎を支える、装置の異常で好奇心をもってしまったヒューマノイドロボットであり、藤木はPETE役について、「2度とないであろうロボット役」に驚いたとオファーを受けた感想を語り、撮影については、「以前連ドラで共演した山﨑賢人君と、バディもの的な作品で再びご一緒できて嬉しかったです」と撮影を振り返った。


藤木とPETEを作り上げた三木監督は、「未知なるキャラクターを現場で藤木さんと一緒に試行錯誤しながら創り上げていく作業は困難さよりも楽しさが上回った」と語っている。


メガホンをとるのは、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などで知られる名匠・三木孝浩。映画長編デビュー作『ソラニン』から10年目の今年、世界中にファンを抱える伝説のSF小説に挑む。

 

罠にはめられ人生のすべてを奪われたロボット科学者が、未来を変えるため、大切な人を救うため、30年の時を超える冒険を描いた物語、『夏への扉』。主演の山﨑賢人に加え、清原果耶・藤木直人と魅力的なキャストの発表で、ますます本作の完成が待ち望まれる。


【次ページ】清原果耶、藤木直人コメント掲載

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)