蒼井優、夫・高橋一生と「一心同体になっていく喜びを持つように」

映画・舞台 公開日:2020/09/10 8
この記事を
クリップ

蒼井優の主演最新作であり、黒沢清監督がメガホンをとった映画『スパイの妻』が、10月16日(金)より新宿ピカデリー他にて全国公開される。

9日、第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門の公式会見に、蒼井優、高橋一生、黒沢清監督が都内からリモートで登壇した。新型コロナウィルスの影響により現地入りは実現できなかったが、映画祭の会場であるイタリア・ヴェネチアと中継を繋ぎ、世界に向けて本作への想いを熱く語った。併せて、日本のマスコミ向けの会見も行われた。


<ヴェネチア国際映画祭会見>

監督:東京からリモートで会見をさせていただいていることを光栄に思うと同時に、そちらに駆けつけてくださったジャーナリストのみなさまに、イタリアにうかがうことができず、すみませんでしたと謝りたいです。

――このテーマを選んだ理由は?
監督:社会と個人が引き裂かれ、対立するわかりやすい職業・存在としてスパイがいました。それ以上に、スパイと聞いた瞬間、ある種の映画的魅力が発揮できるんじゃないか?と思うような、映画に撮って魅惑的な言葉のひとつだと感じました。

――仲が良いように見えつつも互いに秘密を抱える夫婦、聡子と優作をどのように演じたのか
高橋:聡子と優作の関係性は非常に繊細です。互いに思い合う形が違う。表層的なものと、(実際に)内側で思っているもの違いを、黒沢監督が切り取ってくださった。優作を演じる際は、個人の主観やバイアスもあるでしょうが、脚本に忠実に、目の前にいる蒼井さんとお芝居を通して会話することを心がけていました。
蒼井:優作さんがいるから、自分がいるという感覚だったのが、途中から優作さんと共に生きる喜び、一緒に何かを成し遂げようとする喜び、一心同体になっていく喜びを持つようになり、物語を動かしていると思い、その気持ちを大切に演じました。私は怠け者ですが(笑)、聡子の生命力に負けないように、衝動に置いていかれないように演じたつもりです。



<日本マスコミ向け会見>

――映画祭に参加できなかったが会見に参加してどうだったか?
蒼井:手塩をかけて作った作品がヴェネチアの観客に触れるという、とんでもない緊張感を含めての映画祭。そこに行けないことを実感するとともに、この状況でも映画は海を渡るという喜びを噛みしめています。こういう形で映画を喜ぶ瞬間があり、映画祭の灯が消えないようにつながっている。それが今年限りであることを祈っています。
高橋:外国語が飛び交う質疑応答で、内容の鋭い、意義のある質問をされる方もいて、改めてこれがヴェネチアの空気なんだと、感じていました(笑)。残念という気持ちもありますが、リモートであっても参加させて頂けることを光栄に思い、汐留からヴェネチアを楽しみました。非常にいい経験ができたと思っています。
監督:(中継が)繋がってイタリア語が聞こえてきた瞬間に『ヴェネチアだ』と思ったけど、(会見が終わって)通信が途絶えると『汐留だなぁ…』と(苦笑)。現地に行っていれば、会見が終わってもヴェネチアで、いろんな質問をされたり、熱気を感じたり、それが映画祭の醍醐味なんですが……。

と冗談を交えつつも無念さをにじませる。それでも、会見での現地記者からの鋭い質問に映画祭の熱気を感じたよう。「作品が難しい質問の一番良い答えになってくれることを祈るばかりです」と語っていた。

――高橋さんと蒼井さんについて、国際映画祭の場で世界に向けて誇れる魅力は?
監督:どこも素晴らしいけど、声が特に素晴らしい! 声が素晴らしい人は、後ろを向いてても、遠くにいても、場合によっては画面にいなくても存在感が強烈にこちらに伝わってきます。声のすばらしさに関しては、世界のどの人が見ても、『この人はどんな人なんだろう?』と興味がわく強烈な魅力を持っていると思います。


■映画『スパイの妻』

10月16日(金) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
出演:蒼井優 高橋一生 坂東龍汰 恒松祐里 みのすけ 玄理 東出昌大 笹野高史

制作著作:NHK, NHKエンタープライズ, Incline, C&Iエンタテインメント

制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 

配給:ビターズ・エンド 配給協力:『スパイの妻』プロモーションパートナーズ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)