多部未華子&岩田剛典“ありえない展開”が演技力の高さでおとぎ話のように

映画・舞台 公開日:2020/09/08 76
この記事を
クリップ

『EUREKA ユリイカ』などで世界的に知られる青山真治監督の7年ぶりの長編映画『空に住む』が、多部未華子を主演に迎え、2020年10月23日(金)より全国公開される。

先日最終回を迎えたTBSドラマ『私の家政夫ナギサさん』での自然体でリアルな演技が大きな話題となった多部未華子。本作では両親の急死により、叔父夫婦の住むタワーマンションの高層階で暮らすことになった直実を演じる。長年の相棒黒猫のハルと共に住み慣れない場所に突然連れてこられた直実は、現実を受け止めきれないまま、浮遊しているかのように毎日を過ごす。話題となったドラマとは180度変わって、あまり感情を表に出すことが得意ではないキャラクターを丁寧に演じている。


直実を取り巻くキャラクターも、色々難ありばかり。郊外の小さな出版社に勤める直実の後輩で妊婦の愛子(岸井ゆきの)は天真爛漫さの裏に複雑な問題を抱え、信頼できるのは直実だけ。直実の叔母明日子(美村里江)も誰もが羨むセレブ生活を送るも虚無感は消えることはなく、直実の生活への干渉が激しく若干空気の読めないキャラクター。しかしその裏には誰にも言えない叶えられない望みがあった。

さらに直実の前に突如現れた日本を代表するスター俳優、時戸森則(岩田剛典)も実態がつかめない、空気のような存在。エレベーターで偶然出会うというありえない展開も、多部と岩田の演技力で不自然に感じることはなく、むしろどこかおとぎ話のよう。ただこの夢のような展開も『共喰い』など人間の隠された部分を描くことに定評のある青山真治監督の手腕によって、単なる夢物語になることはなく、心の内が見えない時戸に次第に複雑な感情を抱え始めることになる。




一見するとドロドロした世界に見える本作の中で、ひときわ輝き、見る者に優しい癒しを与えてくれるのは、鶴見辰吾、大森南朋、永瀬正敏らイケおじたち。天涯孤独となり困っていた直実に手を差し伸べ、自身が持つ高級マンションへ呼び寄せた叔父・雅博(鶴見辰吾)は、とにかく直実の味方で優しく明るいキャラクター。またドラマの“ナギサさん”役で視聴者を「おじキュン」させた大森南朋は、過去に直実が担当した小説家吉田を演じ、ぼさっとしたビジュアルにぼそぼそと話す独特な空気感でドラマの雰囲気を一新している。さらに年々渋さが増し本作でも謎の男というミステリアスな演技に目が釘付けとなる永瀬正敏や直実の上司で編集長の柏木(髙橋洋)は優しい口調で直実を諭す良き理解者と、脇を固めるベテラン俳優たちの演技にも大注目だ。

小説と音楽の世界観から生まれた珠玉の物語が、話題の演技派キャスト陣と日本を代表する名監督によって待望の映画化。現代日本に生きるすべての女性たちへのエールを贈る映画『空に住む』に、ぜひご期待いただきたい。



■映画『空に住む』

2020年10月23日(金)全国ロードショー
出演:多部未華子 / 岸井ゆきの 美村里江 / 岩田剛典 鶴見辰吾 / 岩下尚史 髙橋洋 / 大森南朋 永瀬正敏 柄本明
配給:アスミック・エース

『空に住む』文庫版 書影クレジット: 出版社:講談社

(C)2020 HIGH BROW CINEMA


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)