芦田愛菜、“信じる”とは?達観ぶりに会場騒然 永瀬正敏「これ以上の答えはない」

映画・舞台 公開日:2020/09/03 72
この記事を
クリップ

また、“信じる”という言葉がキーワードとなる同作にちなみ「“信じる”とはなにか」を聞かれた芦田は、「人を信じる」ことについて「その人自身を信じているのではなくて、自分が理想とするその人の人物像みたいなものに期待してしまっていることなのかなというふうに感じて。だからこそ人は『裏切られた』とか『期待していたのに』とか言うけれど、それはその人が裏切ったとかそういう訳ではなくて、その人の見えなかった部分が見えただけであって。その見えなかった部分が見えたときに、『それもその人なんだ』と受け止められる揺るがない自分がいるっていうのが『信じられる』ということなのかなと思ったんです」と持論を展開。

続けて「でもその揺るがない自分の軸を持つのってすごく難しいじゃないですか。だからこそ人は『信じる』と口に出して、不安な自分がいるからこそ、成功した自分だったり理想の人物像だったりにすがりたいんじゃないかなと思いました」と一気に語ると、あまりの達観した答えに大人たちは騒然。永瀬は「しっかりしてるでしょ?これ以上の答えはないんじゃないかというくらい」と芦田を褒めちぎった。


【写真】もっとみる(全29枚)


映画『星の子』は、10月9日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

©2020「星の子」製作委員会

配給:東京テアトル、ヨアケ



2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 29件)