中村倫也、“考える男”が貫く美学「世間とズレないように」

近年、映画やドラマの出演作が途切れることがない俳優・中村倫也。2020年も、6月に公開された『水曜日が消えた』に続き、主演を務める映画『人数の町』(9月4日公開)が封切られた。俳優として“絶好調”と思わせる活躍だが「世間とズレないこと」を最も大切にしているという――。


■世間一般の人々と自分の感覚のズレが生じてはいけない


『人数の町』は、数々の人気CMやミュージックビデオを手掛けてきた荒木伸二監督が手掛けた初長編映画。周囲に流されて生きているうちに借金で首が回らなくなってしまった男・蒼山(中村)が、ある男に用意された町の住人になるが、そこは“自由と平等”が確保されているが、自ら何かを考えて行動することが皆無の場所だった……。


台本を読んだ中村は、作品の持つ独創的な世界観に興味を持ったというが、同時に「これを観た人がどんな感想を抱くのか興味があった」という。そこには、世間一般の人々と自分の感覚のズレが生じてはいけないという中村の思いがあった。


「こういう仕事をしていると、どうしても気を使ってもらえる立場だったり、神輿に担ぎ上げてもらったりすることが多い。もちろんその上にいることを意識しなければ、仕事にならない場合もあるのですが、あまりに調子に乗ると糸の切れた凧になってしまい、恥ずかしい人間になっちゃうと思うんです。作品を観てもらう人と作っている人間の感覚がズレてしまうと、コアになる部分がつかめない。それって怖いですよね」。



特にここ2,3年は「環境が大きく変わったことを実感している」というと「異性として僕を見てもらえるような記事や、イベントとかでもキャーって言ってもらえたり……。仕事としてその感覚を受け入れようという部分もありますが、僕にとってそれが普通になると居心地が悪いというか、もう普通じゃないんです。いつまでも変わらないでいたいという美学はあります」と苦笑いを浮かべる。


【写真】もっとみる(全23枚)


【次ページ】若いころから、人よりしっかり考えないといけないという癖がついている

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 23件)