天海祐希、三谷幸喜の演出にドキドキ「私、大丈夫かなぁ」

映画・舞台 公開日:2020/08/28 20
この記事を
クリップ

三谷幸喜と箭内道彦が異色のタッグで送るWOWOW 『劇場の灯を消すな!PARCO劇場編』。三谷幸喜演出の朗読劇に、中井貴一と天海祐希の出演が決定。WOWOWで10月31日(土)に放送される。『劇場の灯を消すな!』は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、公演の延期・中止が続いている劇場においてオリジナル番組を制作する、WOWOWによる演劇プロジェクト。

第4弾は、三谷幸喜と箭内道彦がタッグを組み、『劇場の灯を消すな!PARCO劇場編 三谷幸喜×箭内道彦~Road to PARCO THEATER“劇場に灯あれ!”』を制作。異色の二人のタッグで作られる第一部は、ドラマとドキュメントで構成される。そして第二部は朗読劇を三谷幸喜が演出。本プロジェクトは全シリーズ共通して、井上ひさしの『12人の手紙』を俳優が読むという構成。プロジェクトのトリを飾るPARCO劇場編で、三谷幸喜は『葬送歌』をセレクト。そして、劇場から劇場へと渡されていく言葉のバトンのアンカーを務めるのが、中井貴一と天海祐希に決定した。



さらに、中井貴一、天海祐希からのコメントも到着。豪華キャストで贈る劇場愛溢れるエンターテインメント、ぜひお楽しみに。


<中井貴一 コメント>

高校生の頃からよくパルコ劇場に来ていました。その頃は全く俳優になろうと思ってなかったですが、もし自分が舞台に出るんだったらここしかない!と感じていたんです。意味が分からないですよね ……(笑)。パルコ劇場は、俳優を目指していない頃の私にそう思わせてくれた思い入れのある劇場です。 新しくなり、今日初めて舞台上に立ちましたが、昔のパルコ劇場のこじんまりとした空気感が残っていてとても幸せです。そして新しい劇場で、お客様の入っていない、カメラの前だけで朗読劇をやらせていただけたのはとても贅沢な時間でした。朗読劇はお芝居と違って、あまり感情過多になってもいけないですし、淡々と読むだけでは面白味にかける部分もあり、とても難しいんです。悩みながらリハーサルをしたら、三谷さんから「もっと感情を入れて大丈夫ですよ」と言って頂けて、気持ちを開放しながら朗読することができました。お客様に楽しんで頂ければ幸いです。

<天海祐希 コメント>

パルコ劇場は、宝塚を退団して初めて立った劇場ですし、新しくなっても常にそこに居てくれる存在です。とても見やすくて、素敵な劇場。そして熱意のあるスタッフの皆さんがいる、私にとって凄く身近な劇場です。朗読劇は初めてで、緊張しました。今回、舞台上と客席で収録でしたので、舞台上にいる時とは、また違う緊張感が客席ではありました。台詞を覚えて演技すると言う事ではない芝居のやり取りは、とても新鮮で楽しかったです。中井さんとは、こんなにがっつりお芝居をしたのは初めてで、ちょっとドキドキでした。三谷さんの演出は、リハーサルをやっていくつかダメ出しがあったくらいだったので、私、大丈夫かなぁと、こちらもドキドキでした。劇場の灯を消すなの想いを込めた、この朗読劇。劇場の灯を灯し続け、沢山の可能性と夢をお客様に届けられたら…と願っています。


■劇場の灯を消すな!PARCO劇場編
 三谷幸喜×箭内道彦~ Road to PARCO THEATER“ 劇場に灯あれ!”

放送日時:10月31日(土)夜 7 : 00 ~ [WOWOWライブ]

◆第一部「on the Road to~」
 三谷幸喜/箭内道彦

◆第二部 井上ひさし「十二人の手紙」より「葬送歌」
作:井上ひさし
演出:三谷幸喜
出演:中井貴一 天海祐希

◆収録場所:PARCO 劇場


撮影:宮川舞子

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)