吉田志織、関ジャニ∞大倉忠義に恋する役も、現実では「苦手なタイプ」

「何度もテイクを重ねる怖さはあるのですが、OKが出るとすごく嬉しい」と屈託ない笑顔で語った女優・吉田志織。高校卒業後、北海道より女優を目指して上京した彼女は、最新作『窮鼠はチーズの夢を見る』で名匠・行定勲監督の現場を経験。非常に大きな学びがあったという――。


■行定組のプロフェッショナルさに脱帽


吉田演じる岡村たまきは、関ジャニ∞の大倉忠義扮する大伴恭一の会社の後輩で、彼に恋心を抱く女性。原作や台本を読んだ際、「たまきは性格も明るく天真爛漫、素直で人を思いやれるいい子」と感じたというが、一方で「恭一に対してはしたたかで女性っぽい部分もある。そのギャップをどう演じるか考えました」と役へのアプローチ方法を語る。


行定組と言えば、役者に考える時間を与えてくれる、とても丁寧な現場という声をよく聞く。吉田も「何度もテイクも重ねると聞いていたので、すごくピリピリした現場なのかなと想像していた」と作品に入る前の印象を述べるが、「テイクは重ねるのですが、スタッフさんを含め、みなさんとても明るくて、いい雰囲気。各部署の連携も取れていて、こちらもお芝居に集中できるのがありがたかった」とプロフェッショナルな現場に脱帽したという。



テイクを重ねることは、俳優にとってはプレッシャーになることもある。「私も何度もやらせていただきました」と語ると「確かに怖いという気持ちもありますが、それだけ何度も考える時間を与えてくれるのはありがたい。最終的にOKをもらえたときの喜びは大きく、それがこの仕事の醍醐味だと感じています」と笑顔を見せる。


【次ページ】みんなに優しい人は、実は冷たい人

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)