大倉忠義&成田凌、“ちちくりあい”で大はしゃぎ「素で楽しみました」

映画・舞台 公開日:2020/08/27 13
この記事を
クリップ

この度、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日(金)公開)より、屋上で人目をはばからず、はしゃぐ愛らしい姿を収めた本編映像が解禁となった。


原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』。


主人公・大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』に続き、単独主演を務める大倉忠義。そして恭一への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉を、『愛がなんだ』、『カツベン!』など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務める。メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った『ナラタージュ』、『リバーズ・エッジ』に続き、本作では、揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に時に大胆に描き出す。



今回解禁された本編映像は、恭一と今ヶ瀬が休日の昼下がりに屋上でじゃれ合い、あるゲームにはしゃぐ姿を収めた場面。お互いの洗濯物が干された屋上で、恭一と今ヶ瀬はビールを飲みながらくつろいでいる。


恭一がおもむろに今ヶ瀬の胸を指さし、「ここ」と言うと、今ヶ瀬はハニカミながら首を横に振り、恭一の胸を指さす。恭一は驚きながら、「なんで分かるの!?」と尋ねると、今ヶ瀬は「分かるんですよ」とドヤ顔を見せる。人目をはばからずにはしゃぐ二人の姿で幕を閉じる。


行定監督は屋上のシーンに関して、「脚本上ではただ二人がいるっていうことしか書いていないんです。何をやったらいいだろうと考えているうちに浮かんだのが、「ちちくりあい」って言葉があるよねと。男なら誰でもやったことがあるんじゃないかと脚本家と話をしていて。それで、じゃあ実際にふたりにやらせてみようかなと(笑)大倉と成田は「なんですか、これ」って言いながらも楽しそうにやってくれましたね。あの場面は二人ともほとんど素です」と撮影秘話を明かす。


大倉も「乳首の場所を当て合うくだらないゲームは、自分も中学時代にやったことがあって(笑)。懐かしい気持ちになりながら、素で楽しみました」と振り返っている。恭一と今ヶ瀬の日常が特別幸せなものに感じられる瞬間が切り取られたシーンとなっている。


『窮鼠はチーズの夢を見る』

9月11日(金)よ り、TOHOシ ネマズ 日比谷 ほか全国ロ ードショ ー

原作:水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」(小学館「フラワーコミックスα」刊)

監督:行定勲 脚本:堀泉杏 音楽:半野喜弘

出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子

配給:ファントム・フィルム 

©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

映倫区分:R15


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)