稲垣吾郎×二階堂ふみ、手塚治虫が描く禁断の愛とミステリー『ばるぼら』初映像化

映画・舞台 公開日:2020/08/24 8
この記事を
クリップ

手塚治虫が1970年代に「ビッグコミック」(小学館)に連載し、禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなど、様々なタブーに挑戦した大人向け漫画「ばるぼら」。その独特な世界感から”映画化不可能”と言われていたが、手塚治虫生誕90周年を記念し、初映像化。第32回東京国際映画祭・コンペティション部門の正式招待をはじめ世界各国の映画祭を巡回、反響を呼んでいる。


この度、2018年の製作発表から2年の月日を経て、映画『ばるぼら 』が11月20日(金)よりシネマート新宿、ユーロスペースほか全国、待望の凱旋公開されることが決定した。日本、ドイツ、イギリスから唯一無二のスタッフ&キャストが集結した本作。異常性欲に悩まされている耽美派小説家・美倉洋介を『半世界』(阪本順治監督)『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(大林宣彦監督)の稲垣吾郎、芸術家のミューズであり自堕落な生活を送る謎の女・ばるぼらをNHK連続ドラマ小説『エール』でヒロインとして出演中の二階堂ふみが演じる。日本映画界でも異彩を放つ二人が、甘美で退廃的な『ばるぼら』の異世界に全身全霊で臨んだ。



共演陣には渋川清彦、石橋静河、美波ら国内外で活躍する豪華俳優陣が集結。監督は手塚治虫の実子であり『白痴』(ヴェネチア国際映画祭 デジタルアワード受賞)『ブラックキス』(東京国際映画祭 招待作品)など独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞が勤め、撮影監督にはウォン・カーウァイ監督作品等の映像美で知られるクリストファー・ドイルを招いた。公開に先駆け、日本版のポスタービジュアルを解禁。ポスタービジュアルは海外版ポスターを踏襲し、美倉が持つペンにばるぼらが宿る絵をメインにキャッチコピー「狂気の果て。あれは幻だったのだろうかー」が印象的な仕上がりになった。


狂っていく小説家を演じる稲垣吾郎と芸術のミューズを演じる二階堂ふみ、手塚眞監督からも最新コメントが到着。


コメントは次。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)