山田裕貴「ずっとずっと 泣いてた」映画『ステップ』を絶賛

映画・舞台 公開日:2020/08/21 4
この記事を
クリップ

俳優の山田裕貴が20日、アメーバオフィシャルブログと自身のInstagramを同時に更新。映画『ステップ』を鑑賞したことを明かし、「ずっとずっと 泣いてた 久しぶりにこんなに泣いたってくらい泣いた(笑)最高だった」と感想を述べた。


山田孝之主演の映画『ステップ』は、作家・重松清の同名小説をもとに、30歳の若さで妻を亡くしシングルファザーとなった主人公・健一とその娘・美紀が、彼らを取り巻く人たちとの交流の中で成長していく10年間が描かれる。

この日更新したSNSで「映画『ステップ』 ずっと泣いた ずっとずっと 泣いてた 久しぶりにこんなに泣いたってくらい泣いた(笑)最高だった」と感想をつづった。

現在29歳の山田。最後は「30歳目前 奥さんもいないし 子供もいないけど ちょっと父親になれたような気がした」と締めくくった。



この投稿にファンからは「私も観たい」「予告編見ただけでも泣きそう」「一人でこっそりみたいかも」「よし、観る!」「見たい感 max!」「いい作品に出会えてよかったですね」「私もずっと泣いてました」「これ、観たいの!」などの声や、「きっといいお父さんになりそう」「裕貴くんならいいパパさんになれる!」などの声も寄せられている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)