綾野剛が「渾身の作品」と語る、映画『ヤクザと家族』本編映像初解禁

映画・舞台 公開日:2020/08/24 8
この記事を
クリップ

綾野剛と舘ひろしが初共演し、映画『新聞記者』のスタッフが再集結する『ヤクザと家族 The Family』特報が解禁。本編映像が初披露された。


日本アカデミー賞三冠に輝く『新聞記者』のプロデューサー陣と、自身も優秀監督賞を受賞した藤井道人監督が挑む最新作のテーマは「ヤクザ」。「変わりゆく時代の中で排除されていく「ヤクザ」という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品です。」 と自身が脚本も担当した藤井監督は語る。


これは、ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたるヒューマンストーリー。自暴自棄になっていた少年期に地元の親分から手を差し伸べられたことで心の救いを得、父子の契りを結んだ男・山本。時が経ち、組の中で“男をあげて”行く山本にも愛する自分の家族ができる。ところが、暴対法の施行によりヤクザの有り様は一変させられる。因縁の敵との戦いの中、ヤクザであることを貫くことは、一方でかけがえのないものを失うという状況を突きつけられていくー。


様々な問題をはらんだ「ヤクザ」というテーマを、1999年、2005年、2019年、変わりゆく3つの時代の価値観で切り取ることで、男たちの生き様を描く本作。時間の流れの中で【家族・ファミリー】の存在が浮かび上がってくる壮大なクロニクル(年代記)でありつつ、俳優たちの熱演に心奪われる一級のスタイリッシュ・エンタテインメント作品となっている。


少年期に柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。綾野演じる身寄りのない孤独な少年・山本に手を差し伸べ、“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろしが演じる。



そんな本作の本編映像が初披露される特報を解禁。藤井監督曰く、「新しいヤクザ映画」を目指し「家族の目線から描いた作品」ということで、これまでのヤクザ映画とは一線を画し、血生臭さを感じるものではないスタイリッシュな映像の中、【家族】というキーワードが突き刺さる予告に仕上がっている。時代と共に揺れ動く一介のヤクザ・山本の機微を全身全力で演じる綾野、ヤクザの組長の貫録を見せつけながらも、懐の深さを魅せる柴咲を演じた舘。最後に二人が交わす抱擁と柴咲が流す涙の意味とは?


前半は、1999年代の綾野演じる山本と、舘演じる柴咲との出会いを断片的に見せ、後半は、2005年代のヤクザとして男をあげていく山本の激動の人生が映し出される。綾野剛自身が「渾身の作品」と語ったことが思い出される、思わず心揺さぶられる映像に注目だ。そして今回初解禁となる豪華キャストらも登場し、映画の世界観を彩る。綾野の恋人役となる尾野真千子に、舘率いる柴咲組の組員を演じる北村有起哉と市原隼人、親子を演じる磯村勇斗と寺島しのぶほか、実力派俳優がそろい踏みとなった。


また併せて、スタイリッシュな特報映像に呼応するかのような、ティザーポスタービジュアルも解禁された。新たな傑作誕生へ、期待が高まる。


■『ヤクザと家族 The Family』
2021年 全国公開

綾野剛
尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗
菅田俊 康すおん 二ノ宮龍太郎 駿河太郎
岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ
舘ひろし

監督・脚本:藤井道人 音楽:岩代太郎
配給:スターサンズ/KADOKAWA
©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)