伊藤健太郎、躍進支える高校時代の潔い覚悟「第二の何かを作りたくなかった」

「これは僕の性格の話になってしまいますが、俳優業以外の第二の何かを作りたくなかった。大学に行っていたら、役者としてダメだったとしても一応の学歴があるからなんとかなるだろうと思ってしまいそう。そうなると気持ちが緩んでしまうのではないかと。これまでアルバイトをしてこなかったのも同じ理由からです。役者としての仕事がなくなってもバイトがあるから大丈夫だと思ってしまいそうだから」。


駆け出しの高校時代に役者で生きる覚悟を決めて退路を断った。「その時に見えたのが『満足したら何事も終わる』ということ。僕は何事もある程度そつなくこなしてきていました。でも俳優の仕事だけでは唯一できなかった。だからこそ、心に引っかかった」と当時の心境を振り返る。



10代で抱いた「一生やっていく仕事だと腹を括った」気持ちは今も変わらない。「僕は好奇心旺盛であれもこれもやりたいタイプ。この仕事は色々なことができるし、色々な人に出会うことができる。いまだに毎日が刺激的。本当に贅沢なお仕事です」。役者業のほかラジオパーソナリティも務めた。可能性を実感している。

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 16件)