大倉忠義に復縁を迫る“元カノ”は、あのロックバンドの美女ドラマー

映画・舞台 公開日:2020/08/21 16
この記事を
クリップ

この度、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(9月11日公開)の新場面写真が解禁となった。原作は、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』。

主人公・大伴恭一を演じるのは、映画では『100回泣くこと』に続き、単独主演を務める大倉忠義。そして恭一への想いを募らせ葛藤する姿に誰もが共感せずにはいられない今ヶ瀬渉を、『愛がなんだ』、『カツベン!』など話題作への出演が絶えない実力派・成田凌が務める。メガホンを取るのは、ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を2度も受賞するなど、日本を代表する映画監督・行定勲。その繊細な表現力と確かな演出力で、様々な愛のかたちを写し取った『ナラタージュ』、『リバーズ・エッジ』に続き、本作では揺れ動くふたりの狂おしくも切ない恋を、時に繊細に時に大胆に描き出す。

この度、大倉忠義演じる恭一の大学生時代の元カノ役・夏生を演じている、さとうほなみの場面写真が解禁された。ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のドラマーとして知られる「ほな・いこか」として活動する一方、2017年からは女優としても活動している。さとうは本作が映画初出演。


1枚目は、恭一と夏生が偶然の再会に笑顔を見せ合う姿が収められている。2枚目は、恭一と今ヶ瀬の関係に勘づいた夏生が今ヶ瀬を呼び出し「恭一のどこがいいわけ?」と切り込むシーン。元カレである恭一とヨリを戻したいと考えていた夏生は、煮え切らない態度の恭一に「あたしか今ヶ瀬、もしかして選べないの?女と男だよ!?」と詰め寄り、今ヶ瀬に対してマウントを取ろうとするが…。恭一を取られたくないという必死な気持ちから、相手のことをどこか蔑む発言や相手より少しでも自分を上に見せようとする「マウンティング女子」の一面をのぞかせる夏生。恋愛に必死になるあまり、周りが見えなくなってしまう姿には共感する人も多いのではないだろうか。




■映画『窮鼠はチーズの夢を見る』

9月11日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子
配給:ファントム・フィルム
映倫区分:R15

(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会


▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)