岡田准一『ザ・ファブル』待望のシリーズ化、ヒロインは平手友梨奈

映画・舞台 公開日:2020/08/19 7
この記事を
クリップ

岡田准一主演で、2019年6月21日に全国公開された映画『ザ・ファブル』。‟今一番面白いマンガ”と称され、累計750万部の人気を誇る原作コミック「ザ・ファブル」(講談社ヤンマガKC刊)を映画化した本作は、世界基準アクション、ハッピーな笑い、そして超豪華キャスト共演が大きな反響を呼び、笑撃の大ヒットを記録!累計130万人以上を動員し同週末の映画ランキングにて邦画No.1に輝いた。


土屋太鳳、岡野昭二(ポルノグラフティ)、北村匠海をはじめとする各界著名人からも絶賛された本作は、20代~40代を中心に幅広い層の男女から圧倒的な支持を得て、「日本映画でここまでのアクションを観たのは初めてだ」「普通に生きようと必死なのにかなりズレてるファブルに爆笑必至!」という声が相次ぎ、SNS上では“やみつきファブル”というワードが生まれるほどファブル旋風が吹き荒れた。


配信でも驚異的な大ヒットを記録し、ファブル熱は、2020年も冷め止まぬ勢いで続いている。そしてこの度、劇場公開時の満足度調査でもなんと【96.5%】の人が「続編に期待」<『ザ・ファブル』鑑賞者アンケートより(実施期間:2019/6/21-7/7 (株)バルク調べ)>と回答した熱い要望に応え、ついに『ザ・ファブル』がシリーズ化、新作製作が決定。


仮タイトルは、『ザ・ファブル 第二章』で、副題を含めた正式タイトルは、現在、絶賛開発中。前作に引き続き出演する豪華キャストと、新たに参戦するキャストが入り乱れ、前作をはるかに超えるアクションと笑い、そして衝撃のラストが待ち受ける、アドレナリン全開の超大作エンターテインメントが誕生する。2021年の劇場公開に期待だ。


★ポイント① 豪華キャスト再集結!磨きがかかるハッピーな笑い

殺しを禁じられて一般人として普通に生きる伝説の殺し屋・ファブル(偽名:アキラ)役に岡田准一。ファブルの妹として一般社会に潜入する相棒のヨウコ役に木村文乃。ファブルを幼い頃からプロの殺し屋に育てあげた絶対的なボス役に佐藤浩市。アキラが初めてのバイトを始めるデザイン会社社長・田高田役に佐藤二朗。バイト仲間で親の借金返済のために働くミサキ役に山本美月。裏社会の組織でファブルの世話人を請け負う真黒カンパニー社長・海老原(えびはら)役に安田顕。海老原の部下でファブルに憧れて「兄さん」と慕うクロ役に井之脇海。前作でも話題となったキャラの濃い豪華キャストが再集結し、爆笑シーンも息ぴったりに磨きがかかりバージョンアップ!



★ポイント② 新作には個性あふれる新キャストが参戦

ファブルの標的になりながらも、唯一逃げ切った男・宇津帆(ウツボ)を演じるのは、堤真一。表向きはNPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏の顔をもち、前作の敵たちをはるかに上回る最恐の男としてファブルの前に立ちはだかる。過去のある事件をきっかけに心を閉ざした訳アリな新ヒロイン・ヒナコには、初主演作『響-HIBIKI-』で第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞新人賞を受賞し、『さんかく窓の外側は夜』への出演も発表され音楽シーンだけでなく、女優として躍進中の平手友梨。宇津帆の右腕となる凄腕の殺し屋・鈴木役には、ドラマ「テセウスの船」ほか毎作品で強烈な印象を残す安藤政信。


★ポイント③ バージョンアップした度肝を抜く超絶アクション

世界基準に挑み超絶アクションが話題となった前作。本作では、制作段階から参加し、前作以上の驚愕アクションに挑戦する岡田准一。特に「誰も殺してはいけない」「誰にも正体がバレてはいけない」というボスの指令をファブルが忠実に守りながら挑むアクションシーンでは、前作以上の難関ミッションが待ち受ける。

❶制御不能な車に、生身で挑む危険なアクション

前作以上の新たな挑戦として、制御不能となり猛スピードで暴走する車を相手に、岡田自ら生身の身体で危険なアクションに挑む!

❷マンションまるごと使用!大パニックアクション

廃屋となったマンション丸ごと1棟を使った大規模撮影を敢行。住人に正体がバレないよう敵と戦いながらマンション中を縦横無尽にかけめぐる、三次元的多彩なアクションに挑む!相棒のヨウコ(木村文乃)との前作以上に息の合った連携プレイも必見!

❸最新撮影機材を駆使して挑む映像表現

日本最高峰のアクションチームとともに、ハイスピードカメラやワイヤーカムなど最新撮影技術も駆使しながら、かつて見たことのない映像表現で前人未踏の世界基準越えアクションへ挑む。


岡田准一他キャストコメントは次。

1/2ページ