岡田将生、芦田愛菜が一目惚れする学校で一番人気の “イケメン先生” に

映画・舞台 公開日:2020/08/18 16
この記事を
クリップ

芦田愛菜の6年ぶりとなる待望の実写映画主演作『星の子』(監督・脚本:大森立嗣)。本作の公開初日が10月9日(金)に決定した。合わせて第三弾キャストと本予告、場面写真が一斉に解禁された。

本作で芦田が演じるのは、両親が“あやしい宗教”を深く信じている中学三年生の少女・ちひろ。原作は『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子。監督・脚本は『日日是好日』『MOTHER マザー』の大森立嗣。音楽の世武裕子をはじめ、『日日是好日』のスタッフが再び集結し、芦田愛菜が演じるヒロインの健気で涙ぐましい姿を描き出す。既に芦田愛菜演じるちひろの優しくも不気味な両親役に、永瀬正敏と原田知世が発表されている本作。

この度、第三弾キャストとして、映画の中での登場が待ち遠しい実力俳優やフレッシュな魅力溢れる若手俳優が多数出演していることが発表された。ちひろが一目惚れする“南先生”役に岡田将生。


学校で一番人気のイケメン先生だが、後にちひろの運命を大きく左右する。岡田は芦田との共演について「10年程前にCMで1度ご一緒したことがあるのですが、今回この作品で共演させて頂いて、大人になったなぁというのと、本当にしっかりしているなと。同世代の共演者の方と話をしている感覚で色々お話させて頂きました」と久々の共演で本格女優として成長した芦田に賞賛を送った。



ちひろの両親の目を覚ませる為に、ある事件を企てる“雄三おじさん”役に大友康平。岡田、大友の二人から醸し出される危うい人間臭さから目が離せない。そして高良健吾と黒木華が、宗教団体の謎めいた幹部コンビである“海路さん”と“昇子さん”を演じ、その迫力と、思わず吸い込まれそうになる魅力をカリスマティックに表現する。ちひろの姉の“まーちゃん”役には、是枝裕和監督に見出され、今後の日本映画界にとって益々重要な存在となるであろう蒔田彩珠(まきたあじゅ)。美人でかっこいいちひろの親友“なべちゃん”役に映画『まく子』でヒロインに抜擢された新⾳(にのん)。芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世に加えて、更なる豪華共演陣が、かつてない“はまり役”でその魅力を遺憾無く発揮する。

豪華キャストが競演する予告編も解禁された。幼少期に病弱だったちひろ(芦田愛菜)を救った“金星のめぐみ”と呼ばれる奇跡の水を信じ、水を浸したタオルを頭に載せて暮らす父(永瀬正敏)と母(原田知世)。学校では大親友のなべちゃん(新音)から「偽物なんじゃない?」と水の真偽を指摘されるが、ちひろが夢中なのは新任でやってきたイケメンの南先生(岡田将生)。ある日、憧れの南先生の車で家まで送ってもらうが、なんと自宅前の公園で、全身緑のジャージで頭にタオルを乗せて水を掛け合う両親の姿を見られてしまう。「気づく時がくる」「空も飛ぶようになる」とちひろを諭そうとする宗教団体の幹部、昇子さん(黒木華)と海路さん(高良健吾)。両親の洗脳を解こうと作戦を企てる雄三おじさん(大友康平)と、この家族の現状はちひろのせいだと言い切る姉のまーちゃん(蒔田彩珠)。少しずつ揺らぎ始める自分とちひろは闘い始める。家族とわたし。わたしと未来。広大な星空の下で、ちひろだけが両親を信じ続ける。希望を探して、彼女の“信じる力”が今、試される。

本格女優として新たなフィールドに踏み出した芦田愛菜と、日本映画界を代表する実力派キャストが集結した、この秋最大の感動作『星の子』は10月9日(金)全国公開となる。

【画像】その他の場面写真はこちら



■映画『星の子』

10月9日(金) TOHOシネマズ 日比谷  ほか全国公開
キャスト:芦田愛菜 岡田将生 大友康平 高良健吾 黒木華 蒔田彩珠 新音 永瀬正敏 原田知世
配給:東京テアトル、ヨアケ


(C)2020「星の子」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)