紅ゆずる 宝塚退団後初主演舞台が決定、コメディーミステリーに挑む

映画・舞台 公開日:2020/08/17 8
この記事を
クリップ

宝塚歌劇団 元星組トップスターの紅ゆずるが、2021年4月に大阪松竹座で上演される『アンタッチャブル・ビューティー~浪花探偵狂騒曲~』で宝塚退団後初主演を務めることが発表された。



2019年10月惜しまれながら宝塚歌劇団を卒業した元星組トップスター・紅ゆずる。持ち前の明るさでコミカルなキャラクターを得意とし、大阪府大阪市出身の紅が、地元・大阪を舞台にしたさまざまな作品を手掛けている大阪松竹座で浪花の探偵事務所を舞台にしたコメディーミステリーに挑む。



紅ゆずるコメント

宝塚現役の時から歌舞伎観劇で大阪松竹座に行っていたので、この舞台が宝塚歌劇団退団後初主演舞台となることに深いご縁の様なものを感じております。私自身が大阪市出身であり、昔から愛着のある大阪のど真ん中、劇場を出れば道頓堀というネイティブ関西で女優としてお芝居できることが素直にとても嬉しいです。生まれ育った大阪で新しく生まれ変わった紅ゆずるを皆様にご披露できる日を私自身も楽しみにしております!皆様が心から笑顔になってくださる舞台を目指して精進致します!!!


『アンタッチャブル・ビューティー~浪花探偵狂騒曲~』あらすじ

大阪・ミナミのはずれにある小さなシャッター商店街。その片隅にある探偵事務所・所長の武智五郎は欲がなく、黙々と依頼を応える真面目人間。そこに「探偵になりたい」と本間カナ(紅ゆずる)がやってきた。年齢不詳・生粋の大阪人。抜群のスタイルで、ダンスや演劇経験があり、スタイリスト&メイクとしても活躍していたという彼女は、なぜこの探偵事務所にやってきたのか――?


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)