『みをつくし料理帖』に一味違った味わいを加える3人の関係性、貴重なメイキング公開

映画・舞台 公開日:2020/08/17 3
この記事を
クリップ

10月16日(金)公開の『みをつくし料理帖』より、順次解禁しているメイキング映像。お料理編が最終回を迎え、今週からは豪華キャスト陣に焦点を合わせたメイキング映像が解禁された。第六弾となる今回のメイキング映像では、主人公・澪を見守る男たちと題し、窪塚洋介、小関裕太の貴重なメイキングシーンが公開された。

窪塚洋介が演じるのは、御膳奉行の小松原。澪が働く「つる家」の常連客で、澪が試行錯誤しながら江戸の人たちの口に合う料理を創り出していくなか、温かくその成長を見守る役どころだ。


今回の映像では、澪の代表作である「とろとろ茶わん蒸し」を味わうシーンで、澪の料理に対し「面白い」という言葉しか残さなかった小松原が、初めて「上手い」という言葉を残すシーンの公開。更に、監督と演技ディスカッションをする貴重なシーンも収められている。

一方、医者の源斉先生を演じる小関裕太は、小松原同様に澪を応援する男性の一人。江戸の味に馴染めず試行錯誤している澪に、何故江戸の人たちが味の濃いものを好むのかを教える大事なシーンが公開された。この源斉先生の言葉が後に澪の料理に大きく影響を及ぼしていく。更に、医者ならではの診察シーンなども収録されている。

そして、澪を巡る2人の男性と澪との関係性が垣間見られることにも注目だ。小松原を店に迎え入れる時の澪の後姿を見つめる源斉先生の表情、小松原に料理を誉められた時の澪の表情。本作に一味違った味わいを加える3人の関係性に是非ご注目を。

原作は、髙田郁による累計400万部を超える大ベストセラー小説。愛おしい想いを料理に込めて、一生分の感動が、10月16日より日本中を伝播する。


■映画『みをつくし料理帖』
10月16日(金)全国公開
出演:松本穂香 奈緒 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 小関裕太 藤井隆
   野村宏伸 衛藤美彩 渡辺典子 村上淳/永島敏行 反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史 
   薬師丸ひろ子/石坂浩二(特別出演)/中村獅童

製作・監督:角川春樹
原作:髙田郁『みをつくし料理帖』(角川春樹事務所)
主題歌/手嶌葵『散りてなお』作詞・作曲/松任谷由実 編曲/松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
配給:東映

(C)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)