長澤まさみ、次作は「2本立てにしたい」『コンフィデンスマンJP』劇場版第3弾決定

映画・舞台 公開日:2020/08/13 4
この記事を
クリップ

脚本家・古沢良太によるテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の大ヒット御礼舞台挨拶が13日、都内にて開催。主演の長澤まさみ、共演の東出昌大、小手伸也、関水渚と田中亮監督が出席し、小日向文世はリモート出演した。


舞台挨拶の模様は、全国の劇場に生中継。長澤は「前作を超えてたくさんの方にこの映画を観ていただいて、愛してもらいたいなと思います」と笑顔を浮かべ、東出は「全国の劇場に生中継されているということで、時間に限りはありますが、最後まで楽しんでいってください」と挨拶した。



イベント序盤には、前作『コンフィデンスマンJP ロマンス編』、今作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の両作に出演しているものまねタレント・ジャッキーちゃんが、大スター、ジャッキー・チェンに扮して会場に登場。短い挨拶で会場を盛り上げた後、“フライトの時間が迫っている”ということで「あと10秒で帰る」と慌ただしく会場を後にした。


また中盤には、長澤が同作に関する重大発表をお知らせ。ステージに登場したくす玉が引かれると、そこには「映画コンフィデンスマンJP第3弾制作決定!!」の文字が。劇場版第3弾として、映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の制作が決定したと明かされると、一同は硬直。東出は「あ、やるんだ。本当に驚くと人ってこういうリアクションになるのかもしれない」と驚きの表情を浮かべ、小手は「シリーズが続くこと自体がうれしい」と喜んだ。そこへ長澤は「どうする?これ嘘だったら?」といたずらっぽく質問。小手は「嘘だったらややこしいですよ。出るとこ出ますよ」と返答していた。


【写真】長澤まさみ全身カット(他全33枚)

長澤は「2本立ての映画にしたい。前後編じゃなく、“英雄編”と“五十嵐編”みたいな。それちょっと面白そう」と新作に期待を寄せ、「3作も続くということはそれだけ愛されてる作品だなと思います」と続けた。


最後に長澤は「まだまだ観てない人にもこの作品の面白さ、今回は特に感動作であるところに注目してたくさんの方に観ていただきたいと思います。“プリンセス編”は、大人の人たちの心にすごく届くような物語になっているんじゃないかなとおもうところがあるので、子どもも大人もみんなひっくるめて楽しんでいただけたら。もう1回くらい大ヒット舞台挨拶ができればいいなと思います」とメッセージを贈り、イベントを締めくくった。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 33件)