仲野太賀 ナマハゲの面をつけ疾走、吉岡里帆が離婚危機の妻役

映画・舞台 公開日:2020/08/13 4
この記事を
クリップ

是枝裕和監督が率いる映像制作者集団“分福”の新進気鋭の才能、佐藤快磨(さとう・たくま)監督の劇場デビュー作で、仲野太賀主演の映画『泣く子はいねぇが』が、バンダイナムコアーツ/スターサンズ配給にて、11月20日(金)より全国公開される。


釜山国際映画祭など数多くの国内外映画祭で評価された佐藤快磨監督が、完全オリジナル脚本で挑んだ『泣く子はいねぇが』。是枝裕和もその才能に惚れ込んだ佐藤監督初の劇場映画デビュー作となる本作は、第68回サン・セバスティアン国際映画祭で河瀬直美監督、フランソワ・オゾン監督といった世界的監督と肩を並べてオフィシャルコンペティション部門に出品が決定している。

大人として、そして父親としての自覚も曖昧な主人公たすくを演じるのは、個性溢れる表現力で注目を集める演技派俳優、仲野太賀。そして妻・ことね役の吉岡里帆、親友の志波役の寛一郎に加え、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎といった実力派俳優が集結。平成生まれの新たな才能・佐藤監督を確かな演技で支え、物語を彩り魅了する。

この度、特報映像とキービジュアルが解禁された。子供が生まれてもなお父親の自覚がなく、離婚の危機を迎えているたすく(仲野太賀)は、男鹿半島の伝統文化「ナマハゲ」の最中に酒の勢いで感情を爆発させてしまう。夜の海辺を疾走する彼の叫びは、日頃の鬱憤なのか、それとも自分の不甲斐なさゆえなのか…。まさに「大人になりきれない大人」の魂の叫びが胸に響く特報映像となっている。

そしてポスタービジュアルではナマハゲの面を斜めにかぶりながら、真っ直ぐな目で何かを見つめるたすくと、彼を取り巻く登場人物たちの姿が。「いつから人は大人に?」「大人になるとは?」誰もが経験する人生の通過点を、圧倒的なリアリティで描いた映画『泣く子はいねぇが』に注目だ。


■映画『泣く子はいねぇが』

11月20日(金)より新宿ピカデリー他 全国ロードショー
出演:仲野太賀 吉岡里帆 寛一郎 山中崇 / 余貴美子 柳葉敏郎
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ

(C)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。