黒羽麻璃央&田村心&和合真一“ファンの方に恩返しを”、朗読劇「たもつん」への意気込みを直撃!

映画・舞台 公開日:2020/08/09 12
この記事を
クリップ

多くの企画で盛り上がりをみせている、8月9日から16日まで開催の「ニコニコネット超会議2020夏」。その中でも話題になっているのが俳優の黒羽麻璃央が主演のオンライン朗読劇「たもつん」。田村心、和合真一が共演者として顔をそろえ、小野賢章と飯田里穂の声の出演も決まっている。物語はダメダメな男たちのコメディー仕立てになっている。番組放送を前に、黒羽、田村、和合の3人に直撃インタビュー。3人の関係性が明らかに!?



【画像】ほかの写真をみる


――最初にオンライン朗読劇「たもつん」の脚本を読んだときの感想を教えてください。

黒羽「脚本を手掛けた吉田(恵里香)さんとは僕がまだ二十歳ぐらいのときラジオドラマでご一緒にやらせていただいていて。ホントに吉田さんらしい脚本だなって思いました。登場するのは、ほぼ3人。僕と心くんと和合さんの3人の会話劇になるんですが、バカバカしさも会話の中に垣間見れて、読んでいても楽しい作品でした。見ている方たちも力感なく見ていただけるんじゃないかと思います」

和合「朗読劇って聞いていたので会話劇だろうなと思いながら脚本を楽しみにしていました。そうしたら狭い空間でも、これだけバリエーション豊かな会話劇が成り立つんだなって。ホントに会話がリアルで情景も浮かんでくるというか。若い人たちがいかにも言いそうな会話劇が繰り広げられるのが文字からも伝わってきました。そしていざ稽古をしてみたら、僕が想像していたテンションとまったく同じ形でしゃべることが出来ました。改めて脚本の完成度の高さに驚きました。それを演じられる楽しみもありますし、あとはやっぱり今まで一緒にやってきた黒羽麻璃央くん、そしてめちゃくちゃ優男の田村心くん」

田村「えへへへ」

和合「この田村心くんの笑顔ですよ、笑顔(笑)。この2人と共演できるということで、間違いなく面白くなりますので、みなさまにも楽しんでいただければなと思います」

田村「ホントにこの3人でわちゃわちゃしている作品で。男ってバカだなぁっていうところがたくさん詰まっている作品です。そういう映画やドラマ、舞台が好きなので、僕も演じるのが純粋に楽しみな作品ですね」


――黒羽さんからご覧になった田村さんと和合さんは、どのような方ですか?

黒羽「心くんは僕に懐いてくれた仔犬のような子で(笑)。ミュージカル『刀剣乱舞』では『真剣乱舞祭2018』でしか一緒に出たことはなくて。あっ、ドラマではありますけどね。舞台でがっつり芝居を一緒にやるのは初めてなので、個人的には非常にうれしいです。頼もしい後輩がまた1人増えたなって。コロナが収束したら、ぜひまたうちに遊びにきてほしいです。和合さんに関しては若干、自分が見出した感がある人で(笑)。4年ぐらい前かな?この人すごい面白いなって思って。“うわっ、やばい俳優さんがいる”って思ったのが最初の出会い。なので今回、和合さんが演じるヤベ先輩は、ぴったりなキャスティングだなと思いました(笑)」


――和合さんからご覧になった黒羽さんと田村さんは?

和合「田村心くんに関しては今回が実は初めてで。稽古に入る前、リモートで読み合わせをさせていただいたんですけど…」

黒羽「個人的にね」

和合「そうそう、個人的にリモートでやらせていただいたときに“ちょっとiPadを準備します”っていう姿を見て、いい子だなって思いました(笑)」

田村「どういうことですか(笑)」

和合「一瞬で分かるいい子だなって(笑)。麻璃央が言ってた仔犬感っていうのも分かるし、すごく愛される後輩というのがすごく伝わってきたので、僕もたくさん愛したいと思います」

田村「ありがとうございます」

和合「コロナが落ち着いたら一緒にご飯とか行きたいね」

田村「ぜひ!」

和合「麻璃央くんに関しては、それこそ4年前の舞台がはじめましてで。まだ世間様やお客様が和合真一という存在に慣れていない中、最初に“和合っていうヤバい奴がいる”っていうことを知らしめてくれた人。そのせいでちょっと痛い目を見ている部分もあるんですけどね。どんなにマジメにやっても、マジメに見られなくて(笑)。まだシリーズ1本でしか共演したことはないので“またいつか一緒に仕事をしたいね”って言っていた矢先に、この朗読劇が決まったので、今後も黒羽麻璃央さんにすり寄っていきたいなと思います(笑)」


――田村さんからご覧になった黒羽さんと和合さんは?

田村「和合さんとははじめましてなんですけど、ずっと和合さんの名前は知っていて。和合さんの出演されていた舞台をたまたま見にいったとき、一番気になる役者さんが和合さんだったんです。舞台が終わった後、名前も調べたりして。今回ご一緒できるのがめちゃくちゃうれしいって話を和合さんにもしました」

和合「ありがとうございます」

田村「で、麻璃央くんに関しては、ずっといろいろな作品を見させていただいていた方で、憧れの存在。共演させてもらったときも良くしていただきましたし、終わった後もかわいがってもらっていて。そういう方たちと共演できるので先輩2人の足を引っ張らないよう頑張らなきゃって思います」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 9件)