『ぐらんぶる』公開記念前夜祭、映画館にお忍びで「裸で行かなければバレない!」

映画・舞台 公開日:2020/08/07 8
この記事を
クリップ

その突き抜けた笑いで熱狂的なファンを持つ、累計発行部数555万部突破の青春ダイビング(?)コメディ『ぐらんぶる』。


2018年にアニメ化もされアツいファンを持ちながらも、登場キャラクターのあまりの脱ぎっぷりから、主に衣装の面で<絶対に映画化不可能>と言われてきた異色作が、遂に明日公開をむかえる。これまでにも映画化を発表するや「絶対無理だろ!」と大反響を生み、映像解禁では「本当にやりやがった!!」と日本中に衝撃を与えた本作。メガホンをとるのは、『ヒロイン失格』の青春×コメディ映画の名手・英勉監督。竜星涼演じる史上最も服を着ていない主人公・伊織と、犬飼貴丈演じる無駄にイケメンなオタク・耕平。そして彼らとキャンパスライフを謳歌(?)するのは、いずれも魅力的だがキラキラしたキャンパスライフとは程遠い個性キツめなキャラクターたち。


伊織のイトコで、バットを振り回しメンチを切るクーデレ美少女・古手川千紗役に乃木坂46の次世代エース与田祐希。さらに千紗の姉で彼女に近づく男を縛り上げる重度のシスコン・古手川奈々華役に朝比奈彩、伊織と耕平が付き合っていると勘違いする美ボディの先輩・浜岡梓役に小倉優香、強烈なメイクで大学デビューしてしまったケバめ女子・吉原愛菜(通称:ケバ子)役に石川恋、そして伊織のおじでダイビングショップ「グラン・ブルー」のオーナー兼ピーカブーのOB・古手川登志夫役にべテラン俳優・髙嶋政宏が演じている。

 

遂に、7日(金)に公開を迎えるこの夏一番の”笑”激お祭り映画『ぐらんぶる』の公開記念前夜祭イベントがオンライン上で開催された。イベントにはW主演の竜星涼と犬飼貴丈、そして乃木坂46の与田祐希が登場した。


この日のイベントは特別に選ばれたファン49人もリモートで参加。公開を翌日に控えた心境を聞かれた竜星は「やっと、明日公開ということで、みんなに観てもらえると思うとドキドキします。僕のすべてを見られるかと思うと!」と語り、犬飼も「笑っていただけるような作品になった」と話しました。また、与田は「公開したら映画館に行きたい、映画館でお客さんが笑っている空気を味わいたい」と話すと、竜星は「3人でこっそりお忍びで観に行こう!裸で行かなければバレない!」と長い宣伝期間で深まった仲の良さを見せた。


MCから共演者の秘密を聞かれると、犬飼は「与田さんは全力天然系!」と発表し、「撮影中、与田さんだけ違うシーンを演じていた!」とまさかのド天然エピソードを暴露!与田は「途中でおかしいと気づいたけど、一旦、空気を読んで演じちゃいました!」とおちゃめな裏側を語った。そんな与田は「竜星さんは全力あおり系!!!」と出演者の皆を煽っていたと逆にクールに見える竜星の意外な一面を披露。犬飼は「竜星さんはみんなのことをいじるけど、分け隔てなく接するアニキみたいな存在!」と映画さながらの息の合ったやりとりをみせた。


会場は大いに盛り上がりを見せる中、公開を記念しスペシャルゲストとしてTVアニメ『ぐらんぶる』で犬飼演じる耕平役の声優、木村良平が登場。映画を観た感想を聞かれた木村は「めちゃくちゃ耕平がいた!久しぶりに(ぐらんぶるの)みんな居た!と思えました。本当に面白かった。男たちの裸を観ながらゲラゲラ笑いました!」と大満足な様子。さらに竜星と犬飼に今日初めて会った感想を聞かれると「2人が(映画で)服着ているところ観てないから、ドキドキする。」と裸のシーンが多い本作ならではの印象を話した。


また、ダイビングのシーンがオススメと語る木村は「ぐらんぶるはバカだけど、綺麗なダイビングシーンがあって、そこも紳士にちゃんとやっていたのでファンとして嬉しかった」とアニメ声優ならではのオススメポイントをアピール!そんな熱いメッセージを受け取り、会場もヒートアップする中、ここまで全力で身体を張ってきた竜星、犬飼に最後のチャレンジとして30秒間でどれだけ食べきれるか<かき氷大食い対決>の試練が。意気込みを聞かれた竜星&犬飼はともに「がむしゃらに口にいれる!」と対決前にすでにバチバチ状態。


MCの掛け声でスタートした白熱の戦いは両者互角。さらに与田もエアかき氷で緊急参戦するなど大きな盛り上がりを見せるなか、勝利の女神は犬飼に微笑んだ。勝った犬飼は“勝利”と“頭痛”を噛みしめながら「スタッフさんにも一気に食べ過ぎると危険かもしれません。と言われていたが、安全さを捨てて頑張りました!」とコメント。負けた竜星は自身のお皿を指さし「意外といっている!」と抗議するも、見守っていた与田に「最後氷を避けてズルしていましたよね!?」と、自身が演じた映画のキャラクタークーデレ千沙さながらに鋭い眼光で竜星への冷めたコメントで対決を締めた。


さらに、最後のゲストとしてもう1組、主題歌・挿入歌を担当したsumikaのボーカル・ギターの片岡健太、キーボード・コーラスの小川貴之が登場。本作の主題歌のオファーが来た時の経緯を片岡は「最初にプロデューサーに巻き込んでごめんね、よろしくね、と言われた」とオファーエピソードを話し、また最初の曲のイメージを「お洒落でメロウな曲をと言われたが、絶対違うだろ!とメンバーで話して<絶叫セレナーデ>を作った」と制作秘話を話した。


主題歌を聞いた感想を聞かれた竜星は「すごいキャッチーで夏らしい、明るい感じで作ってくれて、ありがとうございます!」と感謝を語り、与田は「みんなで踊れる。乃木坂でも踊りたいです!」と楽曲のノリの良さを気に入ったと話しました。そして主題歌「絶叫セレナーデ」のMVに合わせて特別に作成した<合いの手>を披露。そのノリノリな振付と息の合った3人のダンスで会場に熱気が溢れた。


その後、リモートで参加したファンから質問タイムに入るも、会場と音声がつながらないトラブルが。そんなファンへ犬飼は「声は聞こえてなくも心は繋がっているよ!」とオンラインイベントならではのハプニングを優しくフォローし会場を和ませた。ファンからの「sumikaさんは映画でやってみたい役はありますか?」という質問に、片岡は「挿入歌も歌っているのですが、(曲が使われているシーンは)ロマンチックでいいよ!と聞いていたのでメンバーで演じたいなと思いました。裸ですけど(笑)」と答え、小川も「作曲した身としては、爽やかな曲なのに、こういうシーンで使われているんだ」と驚いたと話した。


イベントの終盤では公開に先駆けて本編映像を解禁!さらに特別に参加した49人のファンへ向けてスペシャルなプレゼントの抽選大会も実施され盛り上がりを見せた。


最後に与田は「今、元気がない人も元気な人も明るい気持ちになれる映画なので、映画館で笑って、日常の嫌なことも忘れてください!」と話し、犬飼は「この夏、本当にぴったりな映画になっています。是非、劇場で観てください」とアピールしました。そして、竜星は「宣伝活動も今日が最後。寂しい気持ちもありますが、僕も心の底から楽しんだ映画が明日から公開されます。美しいロケーション、僕らの裸、沢山見どころがあるので、ぜひ映画館で観てください!」と公開される映画への熱い思いを語りイベントは終了。限界突破の全力脱衣系青春コメディ『ぐらんぶる』は、いよいよ8月7日全国ロードショー!ぜひ注目してほしい。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)