蒼井優×高橋一生 夫婦は愛を貫けるのか、手に汗握る『スパイの妻』予告編が完成

映画・舞台 公開日:2020/08/07 7
この記事を
クリップ

蒼井優の主演最新作映画『スパイの妻』(10月16日より公開)のメインビジュアルと90秒予告が完成した。



先日発表された第77回ヴェネチア国際映画祭のラインナップで、日本作品で唯一コンペティション部門に選出され、最高賞の金獅子賞を狙う本作。

今回解禁されたポスタービジュアルでは、純粋とも企みともとれる意味深な表情でこちらをじっと見つめる聡子(蒼井優)、ドアの外に目をやり遠くを見つめる優作(高橋一生)の謎めいた横顔、二人越しにこちらを睨みつける泰治(東出昌大)の三人が写し出されている。そして、「太平洋戦争前夜。愛と正義に賭けたふたりがたどり着くのは、幸福か、陰謀かー。」という印象的なコピーが添えられている。三人がそれぞれ向ける視線の先にあるものとは?そして、信じるべきは一体誰なのか?戦乱の波に翻弄された夫婦の行く末が気になる、ミステリアスで力強いビジュアルが完成した。

併せて90秒予告編も完成。国家機密を知った優作と、愛する夫を信じる聡子だったが、やがて自らもその機密を追うことに…。そこに現れる女の死体。泰治が二人の動向に疑いの目を向けはじめる。そして、怪しげに画面に浮かび上がる「満州から連れ帰った女」「油紙に包まれたノート」「金庫にフィルム」の文字…正義、欺瞞、裏切り、信頼、嫉妬、幸福が入り混じり、物語は疑心暗鬼に渦巻いていく。そしてついにスパイ疑惑で連行される優作。「誰が通報した?」の優作の問いに「あなたもよくご存じの方だ」とゆっくりと答える泰治。一体誰が通報したのか?果たして夫婦は愛を貫けるのか、それとも…。日本映画界の第一線で活躍する役者陣の鬼気迫る演技に目を見張り、一筋縄でいかない物語に手に汗握る。さらに本作で初めて映画音楽を手がける長岡亮介の壮大な旋律が、映画をより一層盛り上げる。

日本を代表する映画監督であり、世界中にファンを持つ黒沢清の最新作『スパイの妻』。脚本を手掛けたのは、黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)の3人。また、「ペトロールズ」のリードボーカル&ギターであり、浮雲名義で「東京事変」のギタリストとしても活動している長岡亮介が、映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きをさらに広げている。主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続いて蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。正義の遂行のために手段を選ばぬ純粋な優作を魅力的に体現した。夫婦を取り巻く役者も日本映画界を代表する俳優たちが集結している。



■映画『スパイの妻』

10月16日(金) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
出演:蒼井優 高橋一生 坂東龍汰 恒松祐里 みのすけ 玄理 東出昌大 笹野高史


(C)2020 NHK, NEP, Incline, C&I



▼過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)