ピクサー史上最も“深い”『ソウルフル・ワールド』正反対の二人が生んだ驚くべき奇跡とは

映画・舞台 公開日:2020/07/28 6
この記事を
クリップ

『トイ・ストーリー』の“おもちゃの世界”、『モンスターズ・インク』の“モンスターの世界”、『ファインディング・ニモ』の“海の中の世界”、『インサイド・ヘッド』の“頭の中の世界”、『リメンバー・ミー』の“死者の世界”など、ユニークでイマジネーションあふれる世界を舞台に数々の感動的な物語を観客に贈り届けてきたディズニー&ピクサー。そんな彼らが『トイ・ストーリー』制作から25周年という記念すべき年に贈る最新作は“生まれる前の魂<ソウル>の世界”を描く『ソウルフル・ワールド』(12月11日(金)公開)。

手掛けたのは、ピクサーの原点『トイ・ストーリー』で原案、『モンスターズ・インク』で監督デビュー、『ウォーリー』では脚本原案&製作総指揮、そして『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』で2度のアカデミー賞に輝き、世界中に感動の渦を巻き起こした、ピクサーの“感動作”には欠かせないピート・ドクター監督。現在はピクサーのトップ(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)となったピート・ドクター監督の待望の最新作の本予告&本ポスターが解禁となる。


ジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師のジョーはある日、ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるが、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまい、目を覚ますと青く可愛らしい姿に──。そこは生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”。その世界でソウルたちが、夢や情熱、興味など自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけることで、人間の世界に生まれることができる。

今回解禁された予告編では、謎に包まれていたソウルの世界が明らかに。淡い色彩の美しいソウルの世界で青く可愛らしい姿のソウルたちは、自分の“きらめき”を探すために音楽や文学、化学、体操といった様々なことにチャレンジしていく。そこでジョーが出会ったのは、自分のやりたいことが見つけられず、「人間の世界に行きたくない」と何百年もソウルの世界に留まっているソウルの22番。何を試しても“きらめき”を見つけられず「人生って、そんなに大切なものなの?」と言う22番に、ジョーは「人生には楽しいことがたくさんある」と“きらめき”を持つことの素晴らしさ伝えようとするが…。

まるで人生の迷子のように“生きる目的をみつけられない”22番と、ジャズ・ピアニストになりたいという夢だけを追いかけ、“夢を叶えるためになんとしても地上に戻りたい”ジョー。果たしてジョーは地上に戻り、夢をかなえられるのか…?そして、22番は“人生のきらめき”を見つけられることができるのか…?正反対の二人の出会いが生んだ驚くべき奇跡とは…!?



ピート・ドクター監督が、「本当にアニメーションを作るために生まれてきたのだろうか?」と自分自身の“きらめき”に疑問を持った時に生まれた本作。そんな彼が自信をもって贈る『ソウルフル・ワールド』は、今の世の中だからこそ“人生の素晴らしさ”に気づかせてくれる、ピクサー史上最も“深い”作品。この冬、文字通り魂<ソウル>を揺さぶる驚きと感動の物語『ソウルフル・ワールド』は12月11日(金)公開。


■映画 『ソウルフル・ワールド』

12月11日(金) 全国公開
監督:ピート・ドクター
共同監督:ケンプ・パワーズ
製作:ダナ・マレー
全米公開:11月20日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン


(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


※本記事は掲載時点の情報です。