初ラブストーリーでヒロイン役、SKE48高柳明音奮闘の舞台を配信開始

映画・舞台 公開日:2020/07/24 4
この記事を
クリップ

SKE48に所属し、女優としても活躍する高柳明音の出演する舞台、『単純明快なラブストーリー』が昨日本多劇場で開幕。高柳はヒロイン役としてラブストーリーに初挑戦し、その演技がファンからも称賛の声が多数寄せられている。


高柳は、ここ数年舞台を中心に女優業を中心に活動。2.5次元の舞台から現代劇まで様々な舞台に出演してきた。しかし、今回7月23日より上演されている『単純明快なラブストーリー』は、本人にとって初のラブストーリーでしかもヒロイン役。恋に不器用な女性で、役作りの必要もないほど自分にそっくりな役を自己評価する高柳の演技に、鑑賞したファンから、「涙腺崩壊した」「とにかくその演技が素敵でした」など称賛の声が寄せられている。

コロナ禍で出演舞台なども延期や中止になり、久々の舞台となった高柳だが、演劇の街としても知られる下北沢には憧れがあったようで、「憧れの演劇の街、下北沢、本多劇場で演じることが出来て嬉しい。コロナの影響でみんな大変な時期だけど、こんな時だから出会えた作品です。舞台をできることに感謝しながら素敵な作品を届けられますように残りの公演も頑張ります。」と決意を語った。

本公演は、本公演は山口ちはるプロデュース、オーストラ・マコンドーの倉本朋幸が作、演出を担当。生演奏があったり、視覚的にも楽しめる演出となっており、沢山の方に楽しんで頂ける要素が詰まった作品となっている。そして、本公演は、23日より26日まで毎日各日上演時間後に、初日に収録したものが配信される。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)