永瀬廉主演『弱虫ペダル』“チーム総北”3年生キャストが強すぎる

映画・舞台 公開日:2020/07/27 11
この記事を
クリップ

●巻島裕介(まきしまゆうすけ)/栁俊太郎

ポジション:クライマー

金城を支える三年生の一人。長く急な坂道を登るヒルクライム(登り坂)が得意な天才クライマーであり、細長い手足を活かした自己流の立ちこぎ姿で「ピークスパイダー」の異名をもつ。皮肉屋で自分のスタイルについても絶対的な自信を持っており、他人との会話や気遣いなどが苦手な巻島だが、同じクライマーである小野田坂道(永瀬廉)の熱い姿勢を見てからは何かと目にかけて指導し、先輩としても大きく成長していく。


巻島を演じた栁は風貌や体型がまさに原作の巻島そのもの。巻島のトレードマークといえる玉虫色の長髪に近いヘアスタイルと、モデルとしても活動している栁だからこその長い手足を活かしたユニフォーム姿は、巻島の特徴をよく再現している。「今回原作ファンとして、見た目も口調も印象の強いキャラクターなので巻島裕介をどう生身に落とし込むか試行錯誤しました。ミステリアスかつ秘めた熱い部分だったりを皆さんにお見せできたらと思い現場にのぞみました」と語るなど、栁の思い入れも強い。



●田所迅(たどころじん)/菅原健

ポジション:スプリンター

巻島と同じく金城を支える三年生。瞬発力に優れ、平地でのスプリント(ダッシュ走)を得意とするスプリンター。恵まれた筋力を生かした迫力ある走りで「暴走の肉弾頭」と呼ばれ、チームを引っ張って走る「肉弾列車」は総北高校の名物となっているほど、強豪の総北高校自転車競技部には欠かせない存在だ。また、パン屋の息子として育った大食漢だからこそ、大柄な体格を生かしてスプリンターとしての爆発的加速力を生み出している。同じポジションの鳴子章吉(坂東龍汰)とは何をやるにも互いに譲らない競争心を持ち合わせており、親しみをこめて「オッサン」と呼ばれるような信頼関係を築いている。


菅原は今回、田所を演じるにあたって自転車練習のほか、体格も近づけた。「暴走の肉弾頭によるド迫力の走りは映画でも健在です!」と話す通り、先陣きってチームを引っ張る姿は田所そのものである。とあるシーンでは「キツかった」とたまらず言うほどの爆発的加速を見せた菅原のスプリンターとしての走りに注目である。



■映画『弱虫ペダル』

2020年8月14日(金)全国公開

主演:永瀬廉(King & Prince)

出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時

(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)