立花恵理 美しい水着姿で“人間もぐらたたき”を興じる、中村倫也主演『人数の町』

映画・舞台 公開日:2020/07/23 6
この記事を
クリップ

俳優の中村倫也が主演を務める映画『人数の町』(9月4日公開)より、本日の海の日にちなみ、立花恵理の美しい水着画像が解禁された。



本作は、河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、241本の中から準グランプリに選ばれた作品。主演に、今最も勢いのある俳優・中村倫也。そして、令和版『東京ラブストーリー』での赤名リカ役が話題の石橋静河、本作で映画初出演となる『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」』の立花恵理、『映像研には手を出すな!』に出演中の山中聡などフレッシュな面々が顔を揃える。監督・脚本は、松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを多数手掛ける荒木伸二が初の長編映画に挑戦する。


本作は、衣食住が保証され、セックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない、という謎の“町”を舞台に、借金で首の回らなくなった蒼山(中村)が、その“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリーとなっている。



本日解禁されたのは、蒼山に町のルールをいろいろ教えてくれる謎の美女・緑役を演じた立花恵理の場面写真。立花は本作で映画デビューを飾ったが、それを感じさせない堂々たる存在感で映画を盛り上げている。

解禁された画像は、謎に包まれている“町”の社交場である「プール」のシーンだ。プールは健康のために運動をしたり、町の住人たちと出会い・交流し、気になる相手にアピールする場となっているらしい。立花演じる緑は、この町の嬢王様的存在なのか、数人の男性を集め、ピコピコハンマーで人間もぐらたたきに興じている。あまりにも似合いすぎて美しすぎて圧巻の1枚だ。そして、そこで町へ来たばかりの中村演じる蒼山と出会うのだった。


今回解禁された情報も“町”を構成する様々な謎のほんの一部である。バイブル、パーカー、細かく設定されたルールとシステム、一体この町は何のためにそんなことをしているのだろうか…。さらなるヒントは後日解禁とのことなので、続報を楽しみにしたい。


<映画『人数の町』公開概要>

【Credit】

中村倫也 石橋静河

立花恵理 橋野純平 植村宏司 菅野莉央 松浦祐也 草野イニ 川村紗也 柳英里紗 / 山中聡

脚本・監督:荒木伸二 音楽:渡邊琢磨

製作総指揮:木下直哉 エグゼクティブプロデューサー:武部由実子 プロデューサー:菅野和佳奈・関友彦 

音楽プロデューサー:緑川徹 撮影:四宮秀俊 照明:秋山恵二郎 録音:古谷正志 美術:杉本亮 装飾:岩本智弘 衣裳:松本人美 ヘアメイク:相川裕美 制作担当:山田真史 編集:⻑瀬万里 整音:清野守 音響効果:⻄村洋一 製作:木下グループ 

配給:キノフィルムズ 制作:コギトワークス 


9月4日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー


(c)2020「人数の町」製作委員会 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)