乃木坂46与田祐希、永久保存版「週マガ」&『ぐらんぶる』で20歳の魅力大放出

映画・舞台 公開日:2020/07/15 13
この記事を
クリップ

その突き抜けた笑いで熱狂的なファンを持つ、累計発行部数555万部突破の青春ダイビング(?)コメディ『ぐらんぶる』。2018年にアニメ化もされアツいファンを持ちながらも、登場キャラクターのあまりの脱ぎっぷりから、主に衣装の面で<絶対に映画化不可能>と言われてきた異色作がまさかの実写映画化。映画化を発表するや「絶対無理だろ!」と大反響を生み、映像解禁では「本当にやりやがった!!」と日本中に衝撃を与えた本作。


メガホンをとるのは、『ヒロイン失格』の青春×コメディ映画の名手・英勉監督。そして共同脚本を手掛けるのはドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASON Ⅰ・II』などテンポの良い笑いに定評のある宇田学。主演に竜星涼×犬飼貴丈の最旬キャストを迎えて、この夏【スクリーンと笑いの限界】に挑む。


竜星演じる史上最も服を着ていない主人公・伊織と、犬飼演じる無駄にイケメンなオタク・耕平。そして彼らとキャンパスライフを謳歌(?)するのは、いずれも魅力的だがキラキラしたキャンパスライフとは程遠い個性キツめなキャラクターたち。


伊織のイトコで、バットを振り回しメンチを切るクーデレ美少女・古手川千紗役に乃木坂46の次世代エース与田祐希。さらに千紗の姉で彼女に近づく男を縛り上げる重度のシスコン・古手川奈々華役に朝比奈彩、伊織と耕平が付き合っていると勘違いする美ボディの先輩・浜岡梓役に小倉優香、強烈なメイクで大学デビューしてしまったケバめ女子・吉原愛菜(通称:ケバ子)役に石川恋、そして伊織のおじでダイビングショップ「グラン・ブルー」のオーナー兼ピーカブーのOB・古手川登志夫役にべテラン俳優・髙嶋政宏。


8月7日(金)に公開となる映画『ぐらんぶる』で映画初出演を果たしている乃木坂46の与田祐希が7月15日(水)発売「週刊少年マガジン」33号(講談社)の表紙&巻頭グラビアに登場。そして、本誌の発売を記念して、20歳になった与田が劇中で見せる破壊力満点な表情を収めた場面写真を一挙解禁。さらに与田が吹きだし!W主演を足蹴にするコメディ炸裂なTVスポット(コメディ編)も解禁。


そして、そんな与田から表紙の撮影にあたって「久しぶりに自然の中に行ってエネルギーを貰いました!あじさいの花もすごく綺麗で冷たい川にも入って夏らしいなと思いました」とコメントが到着。今回が初の映画出演になることへも「ひとりで映画の現場は初めてだったので、不安とプレッシャーも大きかったんですけど、周りの方たちが助けてくださって、素敵な環境の中でお仕事をさせてもらい『ぐらんぶる』という作品が大好きになりました。ちょうど暑い時期に公開ですし、楽しい雰囲気、夏らしさ、情熱が伝わるような夏ぴったりの作品になりました!」と夏公開への期待をのぞかせた。


本作で与田は竜星涼が演じる北原伊織のいとこで、同じ伊豆大学に通うヒロイン 古手川千紗(こてがわ ちさ)役を演じており、すでに解禁されている予告編を見たファンからは「白目を剥いて凄みを効かせたり、バットを振り回して暴れる与田ちゃんの新境地!」、「どSな与田祐希ちゃんが可愛いですw」など絶賛の声が続出!そして、今回解禁となった場面写真は国民的人気アイドルらしく可愛らしい表情を捉えたものから、一変して冷たく虫けらを見るかのような蔑んだ視線を送っているカットなど普段アイドルとしての与田からは想像もつかない表情を切り取った一枚となっている。



本日発売となった「週刊少年マガジン」と場面写真はともにファン必見の永久保存版になること間違いなし。映画初出演とは思えないほどスクリーンで大暴れの与田と完璧に作り上げられた『ぐらんぶる』の世界観はぜひ劇場で。


週刊少年マガジン」

発売日 2020年7月15日(水)

号数 33号

定価300円 (税込)

© 前康輔 / 週刊少年マガジン

撮影 / 前康輔

スタイリング / 優哉

ヘアメイク / 田村直子

デザイン / 坂上和也 ( banjo )


映画『ぐらんぶる』

8月7日(金)全国ロードショー

キャスト:竜星涼 犬飼貴丈

与田祐希 朝比奈彩 小倉優香 石川恋 / 髙嶋政宏

主題歌:sumika「絶叫セレナーデ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

配給:ワーナー・ブラザース映画

©井上堅二・吉岡公威/講談社 ©2020映画「ぐらんぶる」製作委員会




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)