長澤まさみ圧巻の演技にSNSが騒然「息を飲んだ」「一番の狂気」

映画・舞台 公開日:2020/07/06 7
この記事を
クリップ

主演の長澤まさみがシングルマザーを演じ、息子役に新人・奥平大兼、内縁の夫役に阿部サダヲを迎え、実際に起きた事件をベースに、親子の絆を問い かける感動の衝撃作『MOTHER マザー』。


本作が、7月3日に公開初日を迎え、週末の全国動員ランキングで初登場6位、メイン館となるTOHOシネマズ動員ランキングでは、初登場4位となる好調なスタートを切った。375スクリーン以上で公開する作品が並ぶ中、初週188スクリーンで公開し、7月3日〜7月5日の3日間で、動員:34,634 名/興収:47,490,480 円を記録。


この週末、直前のコロナ感染者の増加や九州豪雨の影響により、映画館全体に観客が少ない状況の中、久々に良質な大人のドラマ作品の公開に、大人の映画ファンが劇場に足を運び、好調なスタートを切ることとなった。男女比は4:6で、メインの客層は、30代~50代の女性。初日は作品のテーマに興味をもつ40代、50代映画コアの男性の姿が多くみられたが、土日になると、女性の姿が多くみられ、年齢層も下がっていった。



SNS 上では、「冒頭からエンドロールまで息をのんでいた」「長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼たち俳優陣の演技がすばらしい」「歪んだ形の愛。部外者の誰が否定できるというのだろう。お前たちに私たちの何がわかる?何も語らずにそう問いかける長澤まさみの眼差しは、Jokerを演じるホアキンの目と同じで、それが一番の狂気だった。」「最後が切ない、子役が素晴らしかった」「長澤まさみの心意気とか女優としての強さみたいなものがすごい見えた気がした」「久しぶりに作品から何かを問いかけられていた内容ですごくよかったです」「新境地といえる長澤まさみが素晴らしい。感情表現を忘れてしまったかのような奥平大兼の表情も印象に残る」「スクリーンに目が釘付けだった」など、実話をベースにした重厚な作品に対して、久しぶりにこういう作品を見たという映画ファンが、手応えを感じたという反応や、キャストの演技を賞賛するコメントが、男女の差なく寄せられている。


関連記事▼


また<観ると語りたくなる!>という声が多く寄せられていることから、監督やプロデューサーらと語りつくすオンラインシンポ ジウムを7月17日(金)に開催。現在から7月12日(日)までの期間中に本作を鑑賞し、申し込みページ(https://mother2020.jp/event/)から応募した人の中から抽選で50人の方を招待。参加者から監督やプロデューサーへ直接、質問ができる Q&A コーナーも。


映画『MOTHER マザー』は、絶賛公開中。


■映画『MOTHER マザー』

出演:長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花

配給:スターサンズ/KADOKAWA

(C)2020「MOTHER」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。