ディズニー最新作『ムーラン』2度の延期を経て、9月に全国公開決定

映画・舞台 公開日:2020/07/03 4
この記事を
クリップ

新型コロナウイルスの影響から全国で多くの映画館が休館となり、春以降に公開予定だった新作のほとんどが公開延期となっていたが、6月からようやく全国の映画館が再開した。しかしまだまだ多くの新作が秋以降や来年に公開延期となっている。そんな中、ディズニーの新作にして超大作の『ムーラン』が全世界で公開することは、ムーランを導く“不死鳥(フェニックス)“の如く、映画業界の復活の象徴となることが期待される。こんな時代だからこそ、ムーランの「自分らしく生きる」というメッセージが人々の心に響くことは間違いない。9月4日(金)ついに、ムーランの物語が幕を開ける。


『美女と野獣』『アラジン』などの実写映画化を次々と成功させてきたディズニーの新たなる挑戦──それは、ディズニー・アニメーションの傑作『ムーラン』の主人公として全世界で愛されてきた少女ムーランの物語を、空前のスケールで実写映画化する渾身の映像プロジェクト。感動のドラマとスペクタクルな戦いのシーンが織りなす、かつて誰も観たことの無いファンタジー・アドベンチャーが誕生した。当初の4月公開予定から2度の公開延期を経て、ついに新たな公開日が決定した『ムーラン』。

愛する家族を守るため、男性と偽って兵士となって国の命運をかけた闘いに向かう、ディズニー史上最強にして唯一無二のヒロイン・ムーランの日本版声優を務めるのは、 “元宝塚男役トップスター” として絶大な人気を誇る明日海りお。実写版オリジナルキャラクターの“魔女”シェンニャン役にはディズニー作品初の吹替参加で、圧倒的演技力を持つ小池栄子が起用されており、声優発表時には多くの反響を呼んだ。本作の日本版主題歌『リフレクション』を歌うアーティストには、奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つシンガー、城南海が大抜擢。当時から根強いファンを持つ不朽の名曲を、圧巻の歌唱力で歌い上げる。

また公開日決定に加えて、最新映像も解禁。本映像は、愛する父の身代わりに男性と偽って兵士となるムーランの、“本当の自分”と“偽りの自分”の間で葛藤する姿や、それを跳ね除け、自分の“真”の姿で敵に立ち向かっていく姿にフォーカスが当てられている。そして映像に使用されている新曲『Loyal Brave True』は、本作で『ムーラン』を代表するディズニー屈指の名曲『リフレクション』をアニメーション版に引き続き担当する世界の歌姫クリスティーナ・アギレラが歌っており、本当の自分を隠し真実を告げられずに思い悩むムーランの心情を、オリエンタルな美しいメロディに乗せ彼女の目線から丁寧に紡ぎだした珠玉のバラードになっている。ムーランの心情や彼女が成長を遂げる姿を、情感たっぷりな楽曲と、圧倒的な世界観・映像美で映し出す本作は必見だ。多くのファンが待ち望む『ムーラン』の日本公開に乞うご期待。

<STORY>

愛する父の身代わりとなり、男性と偽って兵士となったムーランは、家の守り神である“不死鳥”に見守られながら、厳しい訓練と努力を重ね、驚くべき戦闘能力を開花させていく。闘いの日々の果てに、彼女を待ち受ける運命とは?そして、“本当の自分”と“偽りの自分”の間で葛藤する彼女が最後に下す決断とは…?


■映画『ムーラン』

9月4日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
監督:ニキ・カーロ(『クジラの島の少女』ほか)
キャスト:リウ・イーフェイ/コン・リー/ジェット・リー/ドニー・イェン


(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


※本記事は掲載時点の情報です。