古川雄輝&竜星涼のキスシーンから始まる予告編解禁『リスタートはただいまのあとで』

映画・舞台 公開日:2020/06/30 12
この記事を
クリップ

古川雄輝×竜星涼のダブル主演映画『リスタートはただいまのあとで』は、9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開する。光臣(古川雄輝)と大和(竜星涼)のキス寸前特報が話題となったが、本日予告編と第1弾場面写真が解禁された。

思わず大和にキスをしてしまう光臣のシーンからはじまる予告は、“ウザい奴”だったはずの大和のことを、いつのまにか、会えないと寂しくなってしまう“気になる存在”に気持ちが移り変わっていく心模様や、光臣・大和ともにお互いの存在に支えられながら、家族との確執などの理由で傷ついてしまった心が少しずつ癒されていく様子が描かれている。同級生の上田から「アイツには秘密がある」と聞かされた瞬間の光臣の表情も見逃せない。

また第1弾場面写真では、長野県の美しい自然の中で微笑む光臣と大和や、同級生の上田や光臣の両親など出演者のシーンも紹介されている。


【写真】そのほかの場面写真を見る

いよいよ7月3日(金)より、ムビチケが発売することが決定し、全国の公開劇場も発表となった。公開劇場の詳細は公式HPにて確認しよう。

そして、現在実施されており、目標金額を大幅に更新する支援が集まっているクラウドファンディングが、いよいよ本日6月30日(火)23:59をもって募集終了となる。一般試写会よりも最速で見ることができる「リスタート応援団特別試写会&宣伝決起集会へご招待」の募集も終了する。


都会の生活に疲れ挫折中の狐塚光臣役に挑戦するのは、主演した『イタズラなKiss~Love in TOKYO』が日本・中国で大ヒットを記録し、2014年に中国「尖叫2015愛奇芸之夜」で日本人初となる“アジア俳優賞”を受賞した古川雄輝。日韓合作映画『風の色』にて主演を務め、中国版Twitterとして知られるSNSサイト“Weibo”でのフォロワーは440万人を超えるなど、アジア圏にて絶大な人気を誇っている。

田舎暮らしで優しい熊井大和役を演じるのは、スーパー戦隊シリーズ『獣電戦隊キョウリュウジャー』でドラマ・映画ともに初主演を果たし、パリ・コレクションデビューや映画『トイ・ストーリー4』でフォーキーの声を担当している竜星涼。本年は、三谷幸喜作・演出の舞台『大地』出演や主演映画『ぐらんぶる』の公開が控えるなど、俳優・モデル・声優など多岐にわたり活躍している。今旬な二人が、本作にて“そのままの自分”を受け入れてくれるお互いの存在の大切さに気づき、次第に惹かれていく心模様を演じている。

大和の高校の同級生で親友・上田裕役には、ドラマ『仮面同窓会』(CX系)や主演映画『ふたつの昨日と僕の未来』、Netflixにて配信中の『愛なき森で叫べ:Deep Cut』など、数々の作品で存在感を放つ佐野岳。大和の秘密を光臣に伝えようとするなど、二人の間に立つ重要な役どころとなっている。そして甲本雅裕、中島ひろ子、螢雪次朗、村川絵梨など確かな演技力でスクリーンに存在感を残す個性的な俳優が脇を固め、光臣や大和に対してそれぞれが抱く感情を切々と表現している。また第41回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞した三浦理奈が本作にて記念すべき初出演を飾るので、清々しい演技にも注目だ。

監督は、大ヒット恋愛映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』や、『パーフェクト・ワールド 君といる奇跡』『旅猫リポート』など数々の映画をプロデュースしている井上竜太。本作にて長編映画監督デビューとなる。

スクリーンに繊細に映しだされる緑豊かな大自然とともに、ココミ著書『リスタートはただいまのあとで』(プランタン出版刊)から生まれた心温まるラブストーリーを、この秋、お楽しみに。

『リスタートはただいまのあとで』は、9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。


■『リスタートはただいまのあとで』
古川雄輝 竜星涼
村川絵梨 佐野岳/中島ひろ子 螢雪次朗 甲本雅裕
監督:井上竜太
脚本:佐藤久美子
原作:ココミ著書「リスタートはただいまのあとで」(プランタン出版 刊)
配給:キャンター
(C)2020映画「リスタートはただいまのあとで」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)