吉野北人 自分を〇〇系男子に例えると…?「ライバルがいても絶対引かない!」恋愛観も明かす

アニメ化もされたぢゅん子原作の超絶人気コミック『私がモテてどうすんだ』がついに映画化、7月10日(金)より全国公開となる。男子同士の妄想を楽しむぽっちゃり腐女子の女子高生・芹沼花依(富田望生)は、ある日、激ヤセして超絶美少女(山口乃々華)に変身。そんな彼女に恋をしてしまったのが4人のイケメンたち。サブカル系先輩の六見遊馬(吉野北人)、スポーツ系同級生の五十嵐祐輔(神尾楓珠)、チャラい系同級生の七島希(伊藤あさひ)、ツンデレ系後輩の四ノ宮隼人(奥野壮)。予測不能のミラクル・ラブコメディがいざ開幕。そこでドワンゴジェイピーnewsでは、六見遊馬を演じたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーでもある吉野北人に直撃インタビュー!



【写真】ほかの写真をみる(全35枚)


――まずは原作コミックを読んだ感想からお聞かせください。


「これまでほとんど少女漫画は読んだことがなくて。実際、原作を読んでみたら、あまり現実味がなく、妄想が飛び交う物語で…少女漫画ってこういうことかって思いました(笑)。でも、登場するキャラクターたちはすごく個性的で。自分が六見遊馬を演じると思うと楽しみになりました」


――そんな六見遊馬とは、どんなキャラクターですか?


「ものすごく自然体な男子。最初、原作を読んだときは自分が演じるイメージがまったく湧かなくて。見た目も性格も違うので、うわっ、難しそう!って思いました(笑)。平沼(紀久)監督からは“六見だったら、どう考えて行動するかを考えて生活してみて”って言われたので、自分が六見だったら、どうやって歩くんだろう?どうやって話すんだろう?ってことをひたすら考えました。でも、やり過ぎてしまうと違和感が出てしまうので、撮影前は本当にこの役が自分に演じられるのかっていう不安が大きかったですね」



――ほかの共演者からは六見を演じるにあたり、何か言われましたか?


「撮影中は“すごい六見じゃん”って言われました(笑)。でも先日、(神尾)楓珠と取材したときは“(普段の自分に)戻ったね”って言われて。撮影中はかなり六見に入り込んでいたみたいです」

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 35件)