伝説的映画『ダークナイト』IMAX&4D版の緊急公開が決定

映画・舞台 公開日:2020/06/24 13
この記事を
クリップ

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』、『インターステラー』、『ダンケルク』と、斬新なアイデアや驚異的ビジュアルと圧倒的なリアリティで、常に観客のド肝を抜く映画を放ち続けているクリストファー・ノーラン監督。全世界待望のノーラン監督最新作『TENET テネット』は9月18日(金)全国公開。そして本作の公開を記念して、あの伝説的作品『ダークナイト』のIMAX®&4D版が7月10日(金)から緊急公開されることが決定した。4D上映は今回が初となる。さらにIMAX®版の本編前には、2019年末に大きな話題となった約6分間の『TENET テネット』プロローグが再び上映される予定だ。


クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』は、2008年公開当時米興行収入歴代2位を記録。世界で10億ドルを稼ぐ大ヒットを遂げただけでなく、米批評家サイトRotten Tomatoesでは驚異の94%フレッシュを達成。その快進撃は止まらず、第81回アカデミー賞において8部門(助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞)にノミネートされ、2部門(助演男優賞、音響編集賞)を受賞したものの、作品賞にノミネートされなかったことが大きな議論になり、翌年のアカデミー賞から作品賞候補作が5本から10本に変更になるなど、コミック原作映画の歴史を塗り替えた伝説的作品。そして言うまでもなく観客を魅了したのは、映画史上の頂点とも言える<悪のカリスマ>ジョーカーを演じたヒース・レジャーの存在だ。2019年の映画界を席巻したホアキン・フェニックス演じる『ジョーカー』は記憶に新しいが、ヒース・レジャー演じるジョーカーの行動は残虐にして、予測不可能。世界のつまらなさや平凡さを自らの犯罪でぶち壊し、ただ世界が燃えるのを見て楽しんでいるばかり……彼にとっては、この世界自体、巨大なジョークに過ぎない。シリーズ最凶・最悪の敵に、闇の騎士ダークナイトはどう立ち向かうのか?


約26分間のIMAX®カメラ撮影パートは、全編で6シークエンス。冒頭からド迫力のスケールとバイオレンスで展開されるジョーカーの銀行襲撃シーンを含む4シークエンスがジョーカーの描写に割いている。公開当時、IMAX®カメラは世界でたった4台のみ。その貴重な1台で撮影されたジョーカーとSWATの追跡シーンで、リアリティを追求するあまりIMAX®カメラを破壊した逸話はファンの中でも有名だ。今回は従来のIMAXRデジタル上映に加え、レーザー対応劇場では高解像度映像で上映、さらにIMAX®レーザー/GTテクノロジー対応劇場ではIMAX®カメラ撮影パートが最大1.43:1の画角にまで拡張、究極の映像体験を実現させている。そして劇場でしか体験できない4D上映は今回が初。全世界を魅了した圧倒的な世界観を初めて体感できる。


『ダークナイト』IMAX®版の本編前には、70ミリのIMAX®カメラも用いられ、世界7か国で撮影されたノーラン監督最新作『TENET テネット』約6分間のプロローグが上映される。いまだ謎のベールに包まれたままの本作が描くのは、未来で起きた第三次世界大戦を防ぐために、突然ミッションを与えられた一人の名もなき男の物語。人類を救うためには、「時間から脱出」すること。そして、そのすべての手がかりとなるのは“TENET”―観るものの概念と価値観を180度覆す、ノーランが仕掛ける未知なる映像体験とは!?

主演に、『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たしたジョン・デイビィッド・ワシントンを迎え、共演に、新バットマンに決定したロバート・パティンソン(『トワイライト』シリーズ)、エリザベス・デビッキ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』)そして『ダンケルク』に続いての出演となる、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナーら実力派が名を連ねる。誰もが身近に感じる《時間》を用いて、現実と虚構、タイムサスペンス、そして、想像を超える究極の映像体験を描いてきたノーラン監督。果たして、“TENET”の本当の意味とは一体何なのか!?すでに世界中で様々な憶測をよんでいる中、全ての謎が明らかになる、未知なる劇場体験までもうすぐだ。


© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

IMAX® is a registered trademark of IMAX Corporation. 



【公開情報】

◆邦題:ダークナイト

◆公開日:2020年7月10日(金)

◆公開表記:全国IMAX/4Dにて上映

◆配給:ワーナー・ブラザース映画

◆上映時間:152分

製作:2008年  原題:The Dark Knight

© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


◆劇場(予定)

【IMAX】37

109シネマズ(大阪EXPOシティ、二子玉川、川崎、名古屋、グランベリーモール、木場、湘南、菖蒲、箕面)

TOHOシネマズ(新宿、流山おおたかの森、日比谷、ららぽーと横浜、なんば、二条、仙台)

ユナイテッド・シネマ(としまえん、キャナルシティ13、札幌、浦和、テラスモール松戸、豊橋18、岸和田、PARCO CITY浦添)

シネマサンシャイン(グランドシネマサンシャイン、大和郡山、衣山、土浦、ららぽーと沼津)

T・ジョイPRINCE品川/横浜ブルク13/広島バルト11/鹿児島ミッテ10

イオンシネマ大高/成田HUMAXシネマズ/USシネマちはら台/エーガル8シネマズ


【4DX】61

ユナイテッド・シネマ(アクアシティお台場、豊洲、としまえん、キャナルシティ13、福岡ももち、札幌、新潟、テラスモール松戸、入間、春日部、わかば、新座、水戸、前橋、豊橋18、枚方、大津、橿原、長崎、熊本、PARCO CITY浦添、シネプレックス旭川)

109シネマズ(大阪エキスポシティ、HAT神戸、グランベリーパーク、富谷、菖蒲、佐野、

四日市、佐賀、広島)

シネマサンシャイン(グランドシネマサンシャイン、平和島、沼津、ららぽーと沼津、大和郡山、エミフルMASAKI、姶良、北島)

イオンシネマ(シアタス調布、みなとみらい、越谷レイクタウン、名取、京都桂川、四条畷、筑紫野)

コロナ・シネマワールド(中川、小田原、安城、金沢、小牧、豊川、大垣、福山、小倉)

USシネマ(千葉ニュータウン、ちはら台、木更津、つくば、パルナ稲敷)

フォーラム那須塩原


【MX4D】20

TOHOシネマズ(新宿、六本木、西新井、ららぽーと横浜、川崎、なんば、二条、府中、海老名、柏、ららぽーと船橋、ららぽーと富士見、宇都宮、赤池、西宮OS、鳳、岡南)

MOVIE ON やまがた/イオンシネマ徳島/広島バルト


【作品情報】

◆監督: クリストファー・ノーラン

◆キャスト:クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー

◆ストーリー

ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカーと名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。

この街を守るのは、バットマン。彼はジム・ゴードン警部補と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する。

それでも、日に日に悪にまみれていく街に、一人の救世主が現れる。新任の地方検事ハービー・デントだ。正義感に溢れるデントはバットマンを支持し、徹底的な犯罪撲滅を誓う。

資金を絶たれて悩むマフィアのボスたちの会合の席に、ジョーカーが現れる。「オレが、バットマンを殺す」。条件は、マフィアの全資産の半分。しかし、ジョーカーの真の目的は、金ではなかった。ムカつく正義とやらを叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅していく様を特等席で楽しみたいのだ。

遂に始まった、ジョーカーが仕掛ける生き残りゲーム。開幕の合図は、警視総監の暗殺だ。正体を明かさなければ市民を殺すとバットマンを脅迫し、デントと検事補レイチェルを次のターゲットに選ぶジョーカー。しかし、それは彼が用意した悪のフルコースの、ほんの始まりに過ぎなかった……


   


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)