廣瀬智紀&北原里英、映画『HERO〜2020〜』オンラインイベントに登場「待ち遠しかった」

映画・舞台 公開日:2020/06/19 7
この記事を
クリップ


締めのメッセージで西条監督は、「コメディというジャンルなので、思いっきり笑っていただきたいです。コメディだけで終わるわけではなく、勇気や希望を踏まえた作品になっているので、本作を見て前向きになっていただければと思います」と映画に込めた想いを語り、根本は「誰かが誰かのために動いている映画で、見た後に優しい気持ちだったり、温かい気持ちになると思いますので、ぜひ映画館でみてください。」と映画の魅力を語った。


北原は、「この映画は、広樹と浅美の恋が真ん中で走っているんですけれど、全員にスポットライトが当たっている作品です。全員誰かが誰かを想っているという素敵な映画だと思います。上映時間ずっと飽きさせることのない映画だと思いますので、映画館にエンタメを感じに足を運んでください。」


最後に廣瀬は「外出自粛期間中、自分の仕事に向き合う時間がたくさんあった。お芝居の何が自分にとって仕事になっているんだろうと考えたら、人を笑顔にするだとか勇気付けるだとか、人の感情を動かして、何か変化を与えていくことが仕事だと思うんですけれど、それがこの2〜3ヶ月ストップしてしまって、自分たちの仕事の成果を出せる場が失われてしまい、自分の存在意義について色々考えたんです。こうして公開させていただくということで、一歩を踏み出すことによって、何かが生まれたらと思います。」と熱い想いを語った。


また、本イベントでは19日(金)の公開初日に廣瀬が15時、北原が21時30分に公式ツイッターにリアルタイムで登場することが発表された。映画『HERO〜2020〜』を見た人から感想を募集。ツイッターで「 #映画HERO2020感想」とキャストに呼んでもらいたいハンドルネームを記載し、ネタバレなしな形で感想をツイートすると、廣瀬と北原とリアルタイムでやりとりができる。



なお本作は、6月19日(金)からシネ・リーブル池袋のほかミッドランドシネマ名古屋空港、アースシネマズ姫路、岡山メルパ、イオンシネマ広島西風新都、イオンシネマ戸畑での公開も決定し、翌週6月27日(土)には大阪・シアターセブン、7月10日(金)にはイオンシネマ千葉ニュータウン、イオンシネマ新潟南、刈谷日劇など全国の劇場にて続々と公開が決定している。

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。