廣瀬智紀&北原里英、映画『HERO〜2020〜』オンラインイベントに登場「待ち遠しかった」

映画・舞台 公開日:2020/06/19 5
この記事を
クリップ

廣瀬智紀と北原里英が18日、映画『HERO〜2020〜』(19日(金)公開)の「前夜祭オンライントークイベント」に小松準弥、小早川俊輔、中村涼子、米千晴(TAIYO MAGIC FILM)、小槙まこ、双松桃子、伊藤裕一、根本正勝、西条みつとし監督と生出演。イベントで、公開直前の気持ちや映画の感想など語った。


冒頭で、舞台を中心に活躍している廣瀬は、「舞台からキャストを変えずに映画化される機会はなかなかない。長い間寄り添い、戦ってきた同じメンバーで作った映画の公開が待ち遠しかった」、北原は、「告知していた通り6月19日に公開できることは当たり前じゃないので、今は本当に公開できて嬉しい」と初日を明日に控えた気持ちを吐露。


小松が「今回、映画初出演なんです!」と言うと、「おめでとうございます!」とZOOM上の参加者が祝福!小松は、「このお仕事を始めさせていただいてから、映画に出演することが夢の1つだったので、まさかこんなにも早く映画に出させていただけるとは思っていなかった。」と感謝を述べた。




舞台版と映画版の違いについて聞かれた北原は、「映画では、舞台では描けなかったところを細かく描いているので、本当に広樹と浅美には2年間の物語があったんだなと思えますし、リアル病院で撮っているので、より物語に入り込めるのではないかと思います。」と見どころを発表。


西条監督は、「お話自体はもちろん同じなんですけれど、映画の方がより伝えたかったことが伝えられる作品になったのではないかと思います。舞台よりも映画にすることで、心情がより伝わったりとか、舞台ではやりたかったけれどできなかったシーンを映画では撮れました。舞台を見た人でも楽しめて、より内容が入ってくるのではないかと思います。」と話し、舞台版から続投のキャストに加えて映画版に新たに出演した斎藤工と松尾諭について、「より内容を深める役として出ていただきました」と話した。



生配信中にyoutubeに寄せられたコメントを読んでいた伊藤裕一は、「西条さんがかっこいいというコメントが多い」と発表!そんなイケメンの西条監督について根本正勝は、「基本ふわふわしている西条さんなんですけれど、舞台の場当たりの時にスチールカメラマンさんがいいものを撮りたいので最前列の方から撮っていたんですけれど、西条さんがカメラマンさんに『ちょっと今はやめてくれよ』と声をあらげた時があって、プロだからこそ、いいものを届けたい、演者の全てを見たい、という本気を感じて、情熱のある方だなと思いました。」という裏話を披露した。


1/2ページ