THE RAMPAGE吉野北人、奥野壮への壁ドンシーンに自信「あぶなかったよね(笑)」

映画・舞台 公開日:2020/06/17 15
この記事を
クリップ

THE RAMPAGE from EXILETRIBE吉野北人、神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮、E-girlsの山口乃々華、富田望生が本日、都内で行われた映画「私がモテてどうすんだ」(7月10日(金)全国公開)の公開記念生配信イベント「私モテフェス」に登壇した。



【写真】ほかの写真をみる(全14枚)

イベントは、新型コロナウィルス対策のため無観客の映画館で行われた。ヒロイン・花依の所属する史学部の部長で、温厚で優しいがド天然な一面もあるサブカル系先輩・六見遊馬を演じ、本作で映画初主演となった吉野北人。爽やかなルックスで学校の人気者。ヒロイン花依とは同じクラスのスポーツ系同級生の五十嵐祐輔を演じた神尾楓珠。妄想とBLとアニメをこよなく愛し、男子たちのカップリングに萌えまくるヒロインの芹沼花依を二人一役で演じ、激ヤセ後の花依を演じた山口乃々華。そして激ヤセ前の花依を演じた富田望生。表裏のない性格で、花依の好きなアニメキャラに似てるチャラい系同級生の七島希 を演じた伊藤あさひ。先輩の花依に一目ぼれするちょっとドジっ子のツンデレ系後輩、四ノ宮隼人を演じる奥野壮。そしてメガホンをとった平沼紀久監督が登壇。登壇者ゲスト同士も距離を空けソーシャルでディスタンスを保って間にはプロテクションパ ネルも置いて、十分に感染拡大防止の配慮して行われた。


ステイホーム期間中は、公式SNSを通じて本日登壇したキャストと監督らによる「絵しりとりリレー」が催されるなどソーシャルでは繋がっていたが、顔を合わせるのは久しぶりの面々。壇上では生配信番組の開始前からキャスト同士で笑顔で会話を交わすなど、仲の良さを存分に見せつけていたが、配信が始まり、早速その仲良くなったきっかけについてMCから質問が及ぶと、撮影現場でもキャスト同士のコミュニケーションをとるにも「しりとりゲーム」からはじまったとのこと。


その他にも「お絵かき伝言ゲーム」などでコミュニケーションをとって仲を深めていったとのことだが、一番の”画伯”を伺うと「(吉野)北人くん!」と即座に吉野の名前を挙げた伊藤は「なにかおかしい。何を書いているんだろうというような・・・」と理由を述べる。また、撮影現場での様子について山口は「男子たちはよく腕相撲大会をしていたり、動物のモノマネをしていたり中学生のようだった」と男子メンバーの仲良しエピソードを披露すると、富田は「(神尾)楓珠くんと(伊藤)あさひくんはお泊りしていたよね」と暴露すると、すかさず吉野は「それってBL(ボーイズラブ)だよね」とぼそっと一言。すると神尾が「(奥野)壮くんもウチに来たことあるよね」と話し出すと奥野は「ないよ!」と全否定。しかし神尾が「一緒に寝たじゃん!」となかなかのパワーワードを発すると奥野も思い出したように「あー!(笑)」と認めると富田は「これは花依ちゃんウハウハですよ(笑)」と自信が演じたBL好きのキャラクターのように笑顔を見せる。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 14件)