グループ卒業から2年の北原里英、髪の毛もバッサリ変化の年に

映画・舞台 公開日:2020/06/18 7
この記事を
クリップ

AKB48グループ卒業から早2年、北原里英は今年を変化の1年にするつもりだ。「卒業してすぐは“元AKB48”という看板に支えられていたけれど、今は自分一人の足で立たなければいけない時期にきていると思う。これまで以上に引き締めてやらなければ」と不退転の心構えがある。


だからチャームポイントの黒髪もバッサリと切った。「見た目の変化もそうですが、自分から動いていかないとダメ。新しい面は自分からどんどん出していきたい」と有言実行中。思い立ったが吉日タイプの躊躇しない性格。「髪の毛はずっと長かったけれど、思い入れはありませんでした。自分でも従来の髪形に飽きがあったし、いざ切ったら周囲の評判も良かった。もっと早く切っておけばよかった」とさっぱりした表情だ。



ドラマに出たりバラエティに出たり、グループ活動時代は多忙だった。その反動が現在の自分を鼓舞する。「AKB48在籍中の10年間は忙しく、余裕のあるスケジュールを経験したことがありませんでした。だからこそ今はちょっとでもスケジュールに空きがあると焦りを感じる」と本音をこぼす。



そうやって自覚できるから、広くアンテナを張ることができるし、当たり前を当たり前と思わない心になる。「時間に余裕があると、その時間に自分にとってのプラスになることが沢山できると思える。その反面、私がやっているのは明日も不安な職業ですから、いただいた仕事の一つ一つに対するありがたみも増しています」と心境も変化した。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)