恒松祐里、佐野勇斗ら『くちびるに歌を』合唱部がリモート合唱、新垣結衣の誕生日に公開

映画・舞台 公開日:2020/06/11 9
この記事を
クリップ

恒松祐里、葵わかな、佐野勇斗ら映画『くちびるに歌を』に出演したキャスト12名が、同作の主題歌であった『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』をリモート合唱をした。その動画が本日公開された。



2015年に公開された映画『くちびるに歌を』は、長崎県五島列島の ある中学校の合唱部が舞台となった作品。

映画の公開から5年、新型コロナウィルス感染拡大により、緊急事態宣言をうけて自宅待機をしていた2020年の5月中旬、劇中の“中五島中学合唱部”だった女性キャストの恒松祐里、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、朝倉ふゆな、植田まひる、高橋奈々の7名がZoomで女子会を開催。この女子会の前に恒松と葵の二人が、Kiroroの『Best Friend』をリモート歌唱し、お互いのSNSにアップしていた事もあり、以前合唱部が歌ったアンジェラ・アキの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』を皆でリモート合唱しようと提案。

すると実は同じ事を考えていた女性キャスト陣はすぐに盛り上がり、男性キャストにも声をかけることになった。そして男性キャストの下田翔大、佐野勇斗、室井響、狩野見恭兵、三浦翔哉もすぐに賛同し、映画公開以来5年ぶりに“中五島中学合唱部”部員が全員集まり、リモート合唱をする事となった。



ピアノの演奏は高橋奈々、音声編集は恒松祐里、映像編集は三浦翔哉が担当。合唱部の部長役を演じた恒松は、今回も部長のように各キャストに連絡しながらとりまとめていく中で、「各キャストから歌が集まってきて、合唱がどんどん完成していく過程がとても感動した。」と話しており、映画撮影から何年経ってもみんなが繋がっている事を確信でき、それぞれが築いてきた絆が伝わるような動画が出来上がった。


全て生徒役のキャストによる手作りで完成したこのリモート合唱動画は、『くちびるに歌を』の主演で合唱部の顧問であった新垣結衣の誕生日(6月11日)にアップする事に。本動画はアスミック・エース公式YouTubeチャンネルならびに、映画『くちびるに歌を』の公式SNSとアスミック公式twitterでも公開されている。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)