安井謙太郎、鈴木拡樹との仲は「迷コンビ」『死神遣いの事件帖』メイキング動画解禁

映画・舞台 公開日:2020/06/12 8
この記事を
クリップ

6月12日(金)公開の『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』より、主人公の“死神遣い”である幻士郎を演じた鈴木拡樹と、幻士郎に仕える“死神”十蘭役の安井謙太郎の撮りおろしインタビュー&メイキング動画が公開された。


同作は東映社と東映ビデオが立ち上げた、映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の新作。映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』は本日公開となり、舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』は7月・8月に上演される。




“ヒーロー”には程遠い(!?)、主人公の“死神遣い”久坂幻士郎を演じるのは、舞台『刀剣乱舞』の鈴木拡樹。幻士郎の相棒で、“死神”なのに涙もろく、なぜか“人情味”溢れる十蘭には、7ORDERのメンバーとして活躍中の安井謙太郎が扮する。吉原遊廓の惣名主を父にもつ侠客のリーダーで、舞台版の主人公となる庄司新之助役は、ミュージカル『刀剣乱舞』の崎山つばさ。新之助の姉・お藤を、乃木坂46で活躍中の鈴木絢音が演し、さらに押田岳、松浦司、松本寛也、北川尚弥、高田里穂、田邉幸太郎、萩野崇、陳内将、山口馬木也、堀内正美、高田聖子ら、豪華俳優陣が集結を果たした。



本日公開となったインタビュー&メイキング動画では、「幻士郎は…ばか!」と、冒頭からインパクトのある回答を披露した鈴木。また安井は幻士郎と十蘭の仲を「迷コンビ」と笑う一面も。インタビューに合わせて流れるメイキングでは、京都映画村での撮影風景や鈴木拡樹、崎山つばさらのアクションシーン、さらには安井謙太郎が初挑戦した合成特撮シーンまで、製作の裏側をギュギュっと見せている。かわいい十蘭ドールの撮影の裏側は必見だ。そして最後に映る鈴木のお茶目な笑顔に、キュンッとすること間違いなし。ますます映画に期待が高まる映像をお見逃しなく。



▼インタビューも掲載中



■映画『死神遣いの事件帖 -傀儡夜曲-』

2020年6月12日(金)公開
出演:鈴木拡樹、安井謙太郎 崎山つばさ / 鈴木絢音(乃木坂46)、押田岳 松浦司 松本寛也 北川尚弥、高田里穂 田邉幸太郎 萩野崇 陳内将、山口馬木也 堀内正美 高田聖子


■舞台『死神遣いの事件帖 -鎮魂侠曲-』

2020年7・8月上演
出演:崎山つばさ 安井謙太郎、陳内将 松浦司 松本寛也 北川尚弥 櫻井圭登 エリザベス・マリー 田邉幸太郎 輝馬 谷口賢志 / 山崎銀之丞


(C)2020 toei-movie-st


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)