井ノ原快彦×道枝駿佑、“親子揃い”の黒縁眼鏡を披露『461個のおべんとう』

映画・舞台 公開日:2020/06/09 8
この記事を
クリップ

V6の井ノ原快彦と、関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」所属の道枝駿佑が出演する映画『461個のおべんとう』(2020年11月6日(金)全国公開)より、特報映像とポスタービジュアルが公開になった。



本作は、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美による感動のお弁当エッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を映画化。

主人公のミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する、シングルファザー・鈴本一樹を演じるのは、井ノ原快彦。そして、一樹の息子・鈴本虹輝を関西ジャニーズJr.で人気沸騰中のユニット「なにわ男子」に所属の道枝駿佑が演じる。監督は『キセキ-あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』といった心温まる話題作を撮り続ける兼重淳が務めた。


本日、毎日のお弁当を通して親子の成長と絆を感じさせる特報映像と、第1弾ポスタービジュアルが公開された。


今回解禁された特報映像で井ノ原はミュージシャンとして演奏しているシーンだけではなく、エプロン姿で料理している姿も披露。道枝とともに親子そろって黒縁眼鏡を着用し、本当の親子のようなビジュアルを披露した。


本作で初共演を果たした井ノ原と道枝は、撮影中毎日2人でお弁当を食べたり、撮影がないときでも他愛のないメールをしたりと和気あいあい。お弁当を作るシーンが多いことから井ノ原は自宅で料理(特に卵焼き)の勉強もするほどの熱の入れよう。お弁当を通してコミュニケーションをとる親子の愛と絆に心温まる内容になっている。


また、今回解禁となった第1弾ポスターは、お弁当が繋ぐかけがえのない絆で結ばれた笑顔の一樹と虹輝親子の姿を捉えており、見ている者を思わずほっこりさせるビジュアルになっている。笑って泣ける親子の成長物語に是非ご注目を。

映画『461個のおべんとう』は2020年11月6日(金)全国ロードショー。


■『461個のおべんとう』
2020年11月6日(金)全国ロードショー

出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
監督:兼重淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本:清水匡 兼重淳
原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
(C)2020「461個のおべんとう」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。