岡田健史の失踪と共に追い詰められていく家族… “究極の選択を突き付ける” 特報映像公開

映画・舞台 公開日:2020/06/10 9
この記事を
クリップ

『人魚の眠る家』『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督が、『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の雫井脩介原作による小説『望み』を映画化、キャストに堤真一、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶を迎えた最新作『望み』の特報が解禁となった。

読者満足度100%(ブクログ調べ)を記録、累計発行部数16万部を更新中のベストセラー・サスペンス小説が、エンターテインメントの旗手・堤幸彦監督により満を持して映画化。建築デザイナーの石川一登は、自らデザインした優雅な邸宅で、妻の貴代美や子供たちと幸せな毎日を送っていた。その日常は、ある日突然一変する。高1の息子が無断外泊をした夜、同級生が殺害される事件が起きる。連絡が途絶えた息子は、事件への関与を疑われていく。しかし、もう一人殺されているという噂が流れたことから、被害者である可能性が出てくる。愛する我が子は犯人か、それとも被害者か?究極のシチュエーションに置かれた石川家を待ち受ける、衝撃のラストとは―。


主人公の一登を演じるのは、これまで数々の映画賞を受賞し、痛快なコメディ作品から文芸大作の舞台もこなす堤真一。世間に何と言われようと、息子の無実を信じ、家族の幸せを必死で守る父親を大熱演。妻・貴代美を演じるのは、堤幸彦監督とは『悼む人』以来2度目のタッグとなる石田ゆり子。悲しみで崩れそうになりながらも、息子の運命を背負う覚悟を決める母親を繊細に演じる。長男・規士役には、ドラマ『中学聖日記』で大ブレイク、今年は4本の映画出演を予定している岡田健史。殺人犯か被害者か、究極の運命を左右する重要な役どころを体当たりで演じる。

そして、長女・雅役を演じるのは、21年度前期NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに決定し、世間から熱い注目を集めている清原果耶。明るくしっかり者で、兄を家族として心配しながらも、将来への不安で押しつぶされそうになる妹を演じている。その他、事件の真相を暴こうと石川家に近づく週刊誌の記者・内藤役を松田翔太、事件を捜査する刑事・寺沼役に加藤雅也、貴代美の母・扶美子役に市毛良枝、そして一登の取引先である建設会社の社長・高山役に竜雷太が出演。豪華キャスト陣による、刺激的でサスペンスフルな演技合戦が繰り広げられる。

解禁された<特報映像>では、「行ってきます」と笑顔で出掛ける雅(清原果耶)と規士(岡田健史)ら子供たちを見送る父(堤真一)と母(石田ゆり子)の姿が微笑ましい、どこにでもある家族の風景から幕を開ける。そんな幸せな日常は「息子が姿を消した、その日までは」というナレーションで、一変していく。息子の失踪とともに起きた、“同級生の殺害事件”。「殺された倉橋くんと遊び仲間だったそうですね?」と迫る記者(松田翔太)や刑事(加藤雅也)たちに、追い詰められていく石川家の家族たち。

「被害者だという可能性もあるんじゃないか」と息子の無実を信じる父親に対し、「お父さんは規士が死んでてもいいって言うの!?」と息子の無事を願いたい母親。2つに引き裂かれた家族の“望み”は「愛する息子は被害者か?」「それとも殺人犯か?」という究極の選択を突き付ける。石川家を取り巻く人物を演じた竜雷太、市毛良枝、による印象的な表情も映し出され、最後は「あなたなら、どちらを望みますか」と、見る者に問いかける内容になっている。映画『望み』は、10月全国公開だ。


■映画『望み』

10月 全国公開
出演者:堤真一 石田ゆり子 岡田健史 清原果耶 加藤雅也 市毛良枝 松田翔太 竜雷太

配給:KADOKAWA

(C)2020「望み」製作委員会



▼『望み』過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。