清原果耶「今、空飛んでましたよね!?」豊かな演技を詰め込んだ特報映像解禁

映画・舞台 公開日:2020/06/09 7
この記事を
クリップ

2021年春NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに抜擢され、今最も注目を浴びる若手実力派女優・清原果耶の映画初主演作『宇宙でいちばんあかるい屋根』(9月全国公開)より、特報映像が解禁となった。


本作は、小説すばるで新人賞を受賞するなど、多くの読者を魅了する作家・野中ともその大人気小説『宇宙でいちばんあかるい屋根』(光文社文庫刊)を映画化。『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人が監督を務める。



今回解禁された特報映像は、「今、空飛んでましたよね!?」というつばめ(清原果耶)のセリフとともに、空を見上げたつばめの目に星空を舞う老婆(桃井かおり)の姿が飛び込んでくる場面から始まる。「年くったらなんだってできるようになるんだ―」、とキックボードを乗り回してはしゃぐ星ばあと過ごしながら、悩める14歳の少女・つばめの表情が美しく輝き出していくところが描かれている。

憧れの隣人・亨(伊藤健太郎)、父(吉岡秀隆)、育ての母(坂井真紀)、産みの母(水野美紀)、書道教室の先生(山中崇)、元カレ(醍醐虎汰朗)といったつばめを取り巻く人々の姿が映し出される中、「ありがとう、星ばあ」というセリフとともに涙するつばめ。「星ばあに出会ったいちばん短くて大切だったあの夏―」大人になること、家族とは、広い空の下に広がる屋根を見つめるうちに、つばめが気づいたこととは…。懐かしくて愛おしい、ひと夏の感動の物語だ。

<あらすじ>

お隣の大学生・亨(伊藤健太郎)に恋する14歳の少女・つばめ(清原果耶)。優しく支えてくれる父 (吉岡秀隆) と、明るく包み込んでくれる育ての母(坂井真紀)。もうすぐ2人の間に赤ちゃんが生まれるのだ。幸せそうな両親の姿はつばめの心をチクチクと刺していた。しかも、学校は元カレの笹川(醍醐虎汰朗)との悪い噂でもちきりで、なんだか居心地が悪い。つばめは書道教室の屋上でひとり過ごす時間が好きだった。ところがある夜、唯一の憩いの場に闖入者が―。空を見上げたつばめの目に飛び込んできたのは、星空を舞う老婆の姿!?派手な装いの老婆・星ばあ(桃井かおり)はキックボードを乗り回しながら、「年くったらなんだってできるようになるんだ―」とはしゃいでいる。最初は自由気ままな星ばあが苦手だったのに、つばめはいつしか悩みを打ち明けるようになっていた。


■映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』

9月 全国公開
原作:野中ともそ『宇宙でいちばんあかるい屋根』(光文社文庫刊)
脚本・監督:藤井道人
出演者:清原果耶 伊藤健太郎 水野美紀 山中崇 醍醐虎汰朗 坂井真紀 吉岡秀隆 桃井かおり


(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会



▼『宇宙でいちばんあかるい屋根』過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。