「悪な斎藤工を楽しんで」斎藤工が“死神”役で登場の『HERO~2020~』予告編公開

映画・舞台 公開日:2020/06/03 11
この記事を
クリップ

6月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開を予定している映画『HERO~2020~』より、追加場面写真が解禁となり、さらに、本作の脚本・監督を務めた西条みつとしが「悪な斎藤工さんをこの映画で楽しんで下さい」とコメントした予告編映像が公開になった。

本作は、昨年7月に上演された舞台『HERO ~2019夏~』を映画化し、誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かの“ヒーロー”になるという気持ちを届けてくれるハートウォーミング・コメディ。


舞台版に引き続き、“秘密”を抱え明日に踏み出せないでいる主人公・広樹役に廣瀬智紀。広樹の恋人・浅美役を北原里英が演じる。その他、「本作が映画デビューの小松準弥や、声優の前島亜美、小早川俊輔をはじめとする舞台版キャストに加え、松尾諭、斎藤工が出演し、広樹の秘密についての過去や心情を丁寧に描く。

シネ・リーブル池袋にて6月5日(金)より一般前売鑑賞券が販売される予定。

本日、兄の広樹と恋人・浅美に別れてほしくないと、レンタル人材代行派遣会社に相談に駆け込む妹・真菜役の前島亜美、看護師・保科晴役の小早川俊輔、患者・奈美役の飛鳥凛、広樹と同室の患者・共武役の今立進(エレキコミック)よりコメントが到着した。




<広樹の妹・真菜役 前島亜美 コメント>
誰かの為に、誰かを思い全力を尽くすってとても素敵な事だなと思います。私の演じた真菜はそれができる人でした。お兄ちゃんと浅美さんの為にと動いた事で色んな人を巻き込み大事になっていって、空回りしてしまう事もあるけど、そういった兄弟愛も素敵だなと思いながらお芝居をしていました。どうして2年間限定のお付き合いなのかも、真相が分かった時にとてもグッとくるのではと思います。個性豊かな登場人物と様々な勘違いからクスッと笑える所も沢山ありますが、見終わった時にはなにか温かい感情の残る、大切な人に会いたくなる作品になっていると思います。是非、ご覧ください。

<看護師・保科晴役 小早川俊輔 コメント>
初めまして。映画「HERO」で保科晴役を演じさせて頂きました小早川俊輔です。舞台初日の際に映画化が発表されたときの喜びが形になって皆様に届くことはとても嬉しく思います。病院というワンシチュエーションで物語が進んでいく舞台版ならではの臨場感をそのままに、映画版でしか楽しめない細やかな描写やサイドストーリーも見所になっています。生きることへの前向きなエネルギーが詰まった大好きな作品です。たくさんの方に観て頂ければ幸いです。是非お楽しみにしていて下さい!

<患者・奈美役 飛鳥凛 コメント>
いよいよ映画公開!去年の夏から舞台稽古が始まり、気持ち的にはあっという間にこの日が来た感じがします。沢山話し沢山悩みながら全員で作り上げた舞台のまま映画の撮影に臨めたのは最高に最強の環境でした!!
HEROの舞台は毎公演終わった後ハッピーな気持ちになれた作品です。私もまたあの温かい気持ちを感じに劇場へ向かおうと思います!
皆様も是非ご覧ください!

<広樹と同室の患者・共武役の今立進(エレキコミック) コメント>

2019年に大好評だった舞台が大幅にパワーアップして待望の映画化!たった100分で笑って泣いてドキドキして心が整うメンタルサウナムービー!(サウナは出てきません)
怒涛の2020年を乗り越えるにはこの「HERO~2020~」を観るっきゃない!




■『HERO~2020~』
6月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかで全国順次公開
出演:廣瀬智紀 北原里英
小松準弥 前島亜美 小早川俊輔
小築舞衣 中村涼子 米千晴(TAIYO MAGIC FILM) 小槙まこ 加藤玲大 後藤拓斗 双松桃子
飛鳥凛 伊藤裕一 根本正勝 今立進(エレキコミック)
松尾諭 斎藤工(友情出演)
原作:TAIYO MAGIC FILM 第1回公演「HERO」
監督・脚本 西条みつとし

配給:ベストブレーン


(C)「HERO」~2020~製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)