「え、痛かった?」永野芽郁がビンタで心配も、坂口健太郎から拍手

映画・舞台 公開日:2020/06/03 5
この記事を
クリップ

ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントは、本日より『仮面病棟』のデジタルセルを先行配信開始、また2020年7月3日(金)よりブルーレイ&DVDの発売・レンタルを開始、同日よりデジタルレンタル配信を開始する。

本作は現役医師が描く傑作ベストセラーミステリーを遂に映画化した、主演・坂口健太郎、ヒロイン・永野芽郁で贈る謎がナゾを呼ぶ、超体感型脱出ミステリー。本日からのデジタルセル先行配信を記念し、映像特典に収録予定の「メイキング・オブ 仮面病棟」から、一足先に貴重なメイキング&インタビュー映像を初公開。さらに、本編冒頭10分を期間限定で無料公開した。


この度公開された映像では、クランクインから1週間経ち、病院内部で続く撮影に奮闘するキャストとスタッフの様子が映し出されている。撮影の間は病院の外には一歩も出ず、ひたすら撮影を行う過酷な現場だったようだ。そんな中で、現場を盛り上げていたのが、映画単独初主演となる坂口健太郎。キャストやスタッフと積極的にコミュニケーションをとり、現場をリードする姿が窺える。

インタビューの中で坂口は「みんなで(映画を)作りたいと思うので、僕はきついシーンとかで、もちろんピリっとする瞬間があるんですけど、穏やかにやっていたい。そうでないと瞬間的な力が出ない気がしていて。あとスタッフの方たちと話すのが根本的に好きなんですよね。」と答えており、さらに自身は役の目線で台本を読み込むため、スタッフと話すことで新たな捉え方や発見があるという。スタッフに交じり、撮影準備を手伝う姿もあり、スタッフと交流することをとても楽しんでいる坂口の素顔が垣間見える。

そんな坂口について、共演者の高嶋政伸は「坂口さんは自然だし、タフですよね。この物語の中で暗闇の中の一筋の光みたいなものを放っているような気がしますね」とその存在感の大きさに触れ、永野芽郁は「主演を坂口さんがやってくれなかったら、こんなにチームがまとまることもなかったんじゃないかっていうくらい、真ん中に立ってみんなをまとめてくれたので。大変な中でも笑ってくれていたことがすごくあって、いい現場だったなって思います。」と振り返っている。



本編では、永野演じる瞳が坂口演じる速水の頬を叩くシーンがあるが、その撮影の裏側では、「ちょっと今(たたく場所が)上だったから、もうちょっと下じゃない?」と坂口が熱心に永野に話かけ、二人で練習する姿も。「ここからバチン!ていける気がしないです…」と永野が不安そうな表情をみせると、坂口が「振り切っちゃえばいいんじゃない?」と的確なアドバイス。いざ本番となると、永野はしっかりと瞳を演じて見せ、カットの声とともに「え、痛かった?」と心配してみせる。すると「うまいよ、めっちゃ、うまい。大丈夫、大丈夫。すごい今の!」と笑顔をみせて拍手する坂口。共演歴のある息ぴったりの二人の様子とともに、とても和やかな現場の雰囲気が伝わる貴重なメイキング映像となっている。ぜひ本編でも本シーンを改めて確認してほしい。


■映画『仮面病棟』

2020年7月3日(金)ブルーレイ&DVD 発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始
・【初回仕様】仮面病棟 ブルーレイ プレミアム・エディション(2枚組)¥7,990(税込)
・【初回仕様】仮面病棟 DVD プレミアム・エディション(2枚組)¥6,980(税込)
・仮面病棟 セルDVD ¥4,980(税込)

  

(C)2020 映画「仮面病棟」製作委員会


▼メイキング&インタビュー映像


▼『仮面病棟』過去の記事はこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)