『三大怪獣グルメ』主演の植田圭輔、バイト漬けの下積み時代はニワトリに感謝

映画・舞台 公開日:2020/06/05 10
この記事を
クリップ

豊洲直送の活きのいいイカ、タコ、カニ…がなんと巨大怪物化!?地球で暴れはじめた三大怪獣を倒すにはもうこれしか手はない、切り刻んで海鮮丼にしてしまえっ!そんなトンデモ発想を真剣かつ滑稽に描いた『三大怪獣グルメ』(6月6日より順次公開)に主演するのは、2.5次元舞台を中心に活躍する俳優の植田圭輔。映画初主演の意気込みと共に、理想的グルメを食べるたびにニワトリに感謝するワケを聞いた。



念願の映画初主演作の脚本を一読して思ったのは「なにこれ!?」だったが「大阪時代は吉本新喜劇を欠かさず見ていたお笑い好きだけに、河崎実監督というおバカ映画の巨匠 とご一緒できたこと、そしてこの世界観に参加できることがなによりも嬉しかった」とDNAに刻まれたお笑いイズムが沸騰した。


 舞台『おそ松さん on STAGE 〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』での経験も存分に活きた。「笑いの崩し方やギアの入れ方は今回の作品に上手く反映できたと思います。演技をする上では『これ面白いでしょっ?』と笑いを取りにいかず、真剣に演じること。一生懸命やっている滑稽さにこそ笑いは宿るから」と滲み出る可笑しさにこだわった。



“グルメ”も植田にとって相性のいいもの。なぜなら理想のデートは「町ぶらグルメ」だからだ。「ご当地料理を堪能するためにのんびりと遠出するデートもいいし、下町をブラブラする食べ歩き系もいい。行列のできているお店に並んでみたり、お団子を食べながら散策したり。ノープランデートが理想」と庶民的。デートの際は「女性と一緒に肩を並べて歩くタイプだけれど、手は繋がないかな?ちょっと恥ずかしいから」とシャイでもある。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 16件)