ディズニー名作アニメの実写版『わんわん物語』が日本初配信

映画・舞台 公開日:2020/06/02 16
この記事を
クリップ

ついに日本でも2020年6月11日(木)からサービス開始となるディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて、あの名作アニメーションの実写版『わんわん物語』が日本初&独占配信される。


本作の可愛い初出し映像や、『プーと大人になった僕』や『ジャングル・ブック(実写版)』も手掛けた本作プロデューサーと、主人公犬のレディ役の声優で、『マイティ・ソー』シリーズでもお馴染みのテッサ・トンプソンのインタビュー映像が配信された。

1955年に公開された、お嬢様犬レディと野良犬トランプの2匹の冒険とラブ・ストーリーを描いたディズニー永遠のラブストーリーを、時代を超えて完全実写化。主人公のレディをはじめとする、本作に登場するキャラクターを演じているのはなんと、本物の犬たち。あのアニメーションの世界観を見事に演じている。

『ララルー』、『ベラ・ノッテ』、『彼がトランプさ』など、日本でも様々なアーティストがカバーしてきた、オリジナルアニメーションに登場した名曲たちも現代的にリメイクし、『ベラ・ノッテ』はあの有名なスパゲッティのシーンでしっかり流れる。

プロデューサーにはブリガム・テイラー(『ジャングル・ブック(実写版)』『プーと大人になった僕』)、そして主人公のレディ役の吹き替え声優には、大人気マーベル作品『マイティ・ソー バトルロイヤル』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもお馴染みのテッサ・トンプソン、他にもオスカー俳優のF・マーリー・エイブラハムや、サム・エリオットといった名優が脇を固めている。

オリジナルアニメーション版の『わんわん物語』をはじめ、『シンデレラ』や『美女と野獣』、『ジャングル・ブック』、『ダンボ』など世代を超えて愛され続けるディズニーのクラシックアニメーション作品がDisney+ (ディズニープラス)に勢揃い。それぞれの作品の見事な実写化作品とあわせて、『わんわん物語』と共にぜひ<見放題>で楽しもう。

時代を超えて愛され続けるアニメーション作品を完全実写化した『わんわん物語』は6月11日(木)よりディズニープラスで配信開始。


■『わんわん物語』
6月11日(木)よりディズニープラスで配信予定
© 2020 Disney




※本記事は掲載時点の情報です。