中川大志&山寺宏一日本語吹き替え『ソニック・ザ・ムービー』日本公開は6月26日

映画・舞台 公開日:2020/06/01 4
この記事を
クリップ

全世界シリーズ累計販売本数約9.2億本(DLを含む)、日本生まれの大人気ゲームキャラクター”ソニック”がハリウッドで実写映画化。この度、延期が発表され日本中が待望していた公開日が、ついに6月26日(金)に決定。合わせて、ソニック、ドクター・ロボトニックらがクールに浮かび上がるモーションポスターが到着した。

「ソニック」シリーズは、1991年に株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガ)から発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、様々なゲーム機向けにシリーズ作品が展開され、目にも止まらぬスピードでゲームステージを駆け抜ける革新的なゲーム性と、音速で走る青いハリネズミ「ソニック」のクールなキャラクターが日本を始め、世界のゲームファンの心をつかみ、愛され続けている。

日本公開に先駆け、2月14日(現地時間)より公開された全米ではゲーム原作映画史上最高の興行収入記録を樹立(約1億4600万ドル=約160億円)、さらに全世界では、興行収入3週連続No.1。 2億ドルを突破するなど映画史に残る記録を打ち立てていた本作。

ソニック生誕の地・日本でも、3月に劇場公開を予定していたものの延期が発表され、多くのファンが再び劇場でソニックに出会えることを願ってきた。そしてついに、先ごろ発表された全国的な映画館営業再開の吉報に乗り、満を持して6月26日(金)より公開されることに。合わせて到着したモーションポスターも、重低音を響かせながら、イメージカラーと共に浮かび上がるソニックたちのキメキメなポージングが際立つ仕上がりで、いよいよ彼らと劇場で会えるワクワクが膨らむばかり。

米・アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネート経験を持つジェフ・ファウラー監督は、「この映画は笑いと愛が詰まった大作映画だ。間違いなく自分の夢が叶う瞬間だし、キャストやスタッフたちには感謝してもしきれないし、この映画を観客に届ける以上の喜びはないね」と語っており、日本中の劇場のスクリーンを、目にも止まらぬ速さで駆け抜けるソニックの活躍は、長かった在宅期間でフル充電された全国民のエネルギーを解き放つにうってつけ。『ソニック・ザ・ムービー』は6月26日(金)全国公開。


■『ソニック・ザ・ムービー』
6月26日(金)全国公開
監督:ジェフ・ファウラー
出演:ベン・シュワルツ、ジェームズ・マースデン、ジム・キャリー、ティカ・サンプター
日本語吹替版:中川大志、山寺宏一、中村悠一、井上麻里奈
配給:東和ピクチャーズ
©2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)