Snow Man映画単独初主演&滝沢秀明監督初挑戦、『滝沢歌舞伎ZERO』映画化決定

映画・舞台 公開日:2020/05/28 10
この記事を
クリップ

舞台『滝沢歌舞伎ZERO』が、『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』として映画化されることが決定した。主演は今作が映画単独初主演のSnow Man、監督は滝沢秀明が務める。撮影は夏に行われ、公開は年内を予定している。



『滝沢歌舞伎ZERO』は、昨年、京都四条南座、新橋演舞場(東京)で上演され、チケットが即日完売となった舞台。今年7月~8月に新橋演舞場での公演も発表されていたが、新型コロナウィルスの影響により公演を見合わせることなった。


しかし「滝沢歌舞伎 ZEROの公演を待ち望んでいるお客様がたくさんいらっしゃる」こと、そして何より常に前を向き、こんな時だからこそ「皆さまに笑顔を届けたい」、「エンターテインメントの力を信じたい」、そんな気持ちからジャニーズ事務所と松竹で協議を重ねた結果、舞台を離れ、そして今まで舞台を見たくても見られなかった多くの方々にも広く楽しんでいただくために、舞台と映画を融合させた新時代 舞台映画を制作することが決定した。


舞台『滝沢歌舞伎 ZERO』の初映画化となる本作は、ダンス、アクロバット、腹筋太鼓、鼠小僧といった舞台骨子を生かしつつ、映画ならではの物語を組込み、滝沢歌舞伎の持つ日本の美、日本人の力強さ、悲しみや喜びを描き出す。また、観る人自身が舞台にいるかの如くリアルな映像を作るための施策を現在検討中とのことだ。



『滝沢歌舞伎 ZERO』に続き、主演は今年1月にCDデビューを果たしたSnowManの深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介。昨年公開され、大きな話題となったジャニー喜多川製作総指揮『映画 少年たち』の映画出演から、遂に本作で映画単独初主演を務める。


今作のはの監督を務めるのは、滝沢秀明。2010年の『滝沢歌舞伎』から舞台の演出を担い、『滝沢歌舞伎 ZERO』も手掛けた滝沢が、今回初めて映画監督に挑む。また振付は、舞台と同じく五関晃一(A.B.C-Z)が担当することも決定した。


撮影は夏を予定、舞台パート部分は無観客での撮影を予定している。


Snow Man コメント

予定されていた舞台公演『滝沢歌舞伎ZERO 2020』は中止となってしまいましたが、映像という形で今年も演じられることをとても嬉しく思います。僕たちはジャニーズとして、エンターテイナーとして、どんな時でもショーをお届けして皆さまを楽しませたい。このような事態だからこそ生まれたこの新しい挑戦を、2020年日本で1番熱いパフォーマンスにするんだ、と期待で胸が高鳴っています。


監督としてご一緒する滝沢くんから今まで学んできたことや今回吸収することを全て発揮しSnow Man単独初主演の映像作品としても成功させたいです。本作品で演じられる演目の全てに、映像でも生で舞台を見ているかのような漢気・迫力・臨場感をお届けできる自信があります。


ジャニーズが誇る最高の和のエンターテインメントの世界へ皆様を御招待させていただきます。是非期待していてください。



監督・滝沢秀明 コメント

2020年滝沢歌舞伎ZEROが実現出来ず大変残念な気持ちと同時に、こんな時だからこそエンタメの力が必要だと強く感じました。滝沢歌舞伎はどんな状況でも舞台を続ける、止まる事は考えてはいけないと今まで教わってきましたので、緊急事態宣言が解除され、お客様の安全を確保出来次第、ベストな形で公開したいと考えております。


今年は映像という形でお届け致しますが、滝沢歌舞伎を一番理解している私が、Snow Manの魅力を全面的に引き出し、見た事のないSnow Manの形を立体的に表現致します。

変化ではなく進化した滝沢歌舞伎ZEROをご覧頂き、エンターテイメントの素晴らしさを皆様と共にもう一度感じていきたいと思います。これは映画でも舞台でも無い、新たなる幕開けです。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)