三吉彩花×阿部純子“ずっと、一緒だと思ってた”親友の妊娠をきっかけに揺らぐ友情…

映画・舞台 公開日:2020/05/20 7
この記事を
クリップ

東京・中目黒を舞台に、ルームシェアを送る2人の女性を主人公に、妊娠そしてシングルマザーとして出産するという人生の決断を通して、友情、仕事、家族、過去への固執と現実など、現代の女性の揺れ動く心情にフォーカスしたヒューマンドラマ、映画『Daughters』(ドーターズ)。


脚本・監督を務めるのは、本作が初の長編作品となるファッションイベント演出家・映像作家の津田肇。そして、『犬鳴村』のヒットが記憶に新しい三吉彩花、『燃えよ剣』、『461個のおべんとう』の公開を控える阿部純子の2人がW主演し、仕事も遊びも充実した毎日を送る27歳の親友同士を瑞々しく演じる。この度、本作のポスタービジュアル、追加キャスト、公開日が解禁となった。


イベントデザイナーの堤小春(三吉彩花)とファッションブランドの広報として働く清川彩乃(阿部純子)は、お互いの価値観も合う親友同士。春には美しい桜が見える中目黒のアパートでルームシェアをし、仕事もプライベートも充実した毎日を送っていた。そんなある日、彩乃の妊娠が発覚。父親の名を明かさず「一人で生む」という彩乃に協力することを決めた小春だったが、少しずつ変化していく日常に戸惑い始め…。


三吉彩花、阿部純子のほか、小春が旅先の沖縄で出会う桜木智子役に黒谷友香、彩乃の祖母・茂代役に大方斐紗子、彩乃の父親・宏忠役に鶴見辰吾、彩乃が通う産婦人科医・永井香役に大塚寧々といった実力派のキャストたちが勢揃い。


また、繊細なデザインや色使い、そして独特の世界観で人気のファッションブランド「tiit tokyo(ティート トーキョー)」が、初の試みとしてファッションディレクションとして劇中の全衣装の監修。Girls Award、BEAUTYCONの演出を手掛けるなど、ファッション・コスメ界において気鋭のイベントクリエイターである津田監督ならではの、絵画のように美しい四季折々の映像と丁寧な描写に彩りを添える。津田監督と初タッグとなるtiit tokyoが一から作り上げた衣装も必見。スタイリストは同ブランドのショースタイリングを長年手がける町野泉美が担当している。


これから人生で大きな決断をするであろう娘たち、そして大きな決断を繰り返してきたすべての女性に贈る、ほろ苦くも美しいヒューマンドラマ『Daughters』は、9月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。


■監督 津田肇コメント

この映画は「人間の生活の変化」を一つの主題として描いた作品ですが、新型コロナウイルスの感染拡大によって訪れたこの大きなうねりの前で、芸術や娯楽というものは「安定した生活」の上で成り立っているものだという事実を改めて痛感しています。

そんな時世でも、映画館が再開しはじめ、これから公開されていくであろうたくさんの作品とともに、「映画を観る」という日常が生活の中に戻ってくることを祈るしかありません。

四季折々の情景とともに一つ屋根の下に住む二人を紡いだ『Daughters』の100分間が、長きにわたる「STAY HOME」によっていつの間にか過ぎ去ってしまった季節、そばにいる人との日々を思い起こし、ほんの一時でもこのうねりを忘れられるような時間になることを願っています。


■プロデューサー 伊藤主税コメント

映画『Daughters』は津田監督の強い想いと共に長い年月をかけて準備し、劇場で上映すべく、旧知の仲間であるスタッフ、キャストのクリエティブを結集させた、かけがえのない作品です。

劇場公開の是非については、新型コロナウイルスによる社会情勢や影響から意見交換を重ねてきましたが、今作に関わる皆さまの願い、希望を込めて「9月18日」を目指す事となりました。

劇場公開日まで試行錯誤しながら、一人でも多くの方に観て頂ける様に尽力致します。どうぞ応援の程よろしくお願い致します。


『Daughters』

9月18日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(C) 「Daughters」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)