宮沢氷魚、福地桃子ら所属事務所が主催 『感動シネマアワード』グランプリ6作品が発表に

映画・舞台 公開日:2020/04/21 18
この記事を
クリップ

●宮沢氷魚・主演作品『はざまに生きる、春(仮)』

◆あらすじ

小向春は、出版社に勤める4年目。そんな彼女は、ある日雑誌の企画で新進気鋭のイラストレーター・屋内透に出会う。独特の感性と考え方を持った才能溢れる彼に、どんどん惹かれていく春。しかし、春と彼はなかなか分かり合えない。何故なら彼は「発達障害」だから。彼には、彼特有のこだわりがあり、見ている世界、感じていることが、春やその他の人とは確実に違う。それでも、それだからこそ、魅了される春。とうとう春は、同棲中の彼氏がいるにも関わらず、屋内への想いを止められず・・・。これは、人が人にどうしても惹かれてしまう、切なさ苦しさもどかしさを描いた、一つの恋の物語である。

※医療監修:五十嵐良雄(医療法人雄仁会理事長、一般社団法人東京リワーク研究所所長)

◆宮沢氷魚 コメント

この度、僕が出演する作品が「はざまに生きる、春」に決定しました。初めて脚本を読んだ時から引き込まれ、作品を手がけた葛里華さんともお話をして、彼女の熱量に感激しました。共にすばらしい作品を生み出したいと思います。

◆監督:葛里華 コメント

今回、宮沢氷魚さん主演で映画を撮らせていただくことになりました葛里華と申します。宮沢さんは、拝見する度に、眼差しや佇まいから、彼にしか出せない唯一無二の存在感と、目が離せないミステリアスな魅力を感じていました。さらに彼が紡ぐ言葉たちからは、彼の心の美しさがビシバシと感じられ、“素直さ”が重要となる屋内透役を、絶対演じていただきたい!と思っていたので本当に光栄です。宮沢さんが出てよかったと、そして、観てくださった方々が少しでも元気になり、「観てよかった」と思ってくださる、そんな映画にするべく全身全霊をかけて頑張ります。どうかみなさまが安心して映画を楽しめる日が、1日でもはやくきますように。


●福地桃子・主演作品『あの娘は知らない(仮)』

◆あらすじ

熱海で小さな旅館を営んでいる奈々は、数年前に両親と弟を事故で亡くしていた。夏の終わり、奈々は少しの間旅館を閉じ、休みを取っていた。そんな時、東京から俊太郎という青年がやってくる。彼も奈々と同じように、大切な人を失っていた。大切な人を失ったもの同士の、遅れてきた夏休み。

◆福地桃子 コメント

今回参加する中で、心が動く感覚をとにかくたくさん感じたいと思いました。未知な部分への楽しみと不安と向き合いながら、良い作品になるように全力を尽したいと思っています。沢山の方に届く、残る映画を観て欲しいです..!

◆監督:井樫彩 コメント

福地桃子さんに初めてお会いした時、可愛らしさと、凛とした佇まいに魅了されました お話していると、その掴めなさに困惑し、さらに興味を持ちました。福地さんと一緒に作品をつくれること、とても楽しみでなりません だれかの、だれかひとりの心に届く作品をつくれれば良いなと、思っています。


●うらじぬの・主演作品『炎上する君』

◆あらすじ

「足が炎上している男の話を知っているか。」親友同士の梨田と浜中は、学生時代男子に「学徒動員」「火垂るの墓」と揶揄されるルックスを持っており、色恋とは距離を置いてきた。二人は毎日銭湯の湯につかり、足首から下が燃えている“炎上する男”の噂話ばかりしている。バンドを組み、カルト的人気をほこる二人だが、日常に刺激が足りない。今日も二人は、銭湯で炎上する男の話をしている。ある日、二人の前にその男が現れて―。

※原作:小説家・西加奈子『炎上する君』

◆うらじぬの コメント

感動というものはだいたい突然やって来るような気がします。ふと耳にした音楽、目にした景色、受け取った言葉。この企画から生まれた作品達が、誰かにとって生活の中でふと出会った感動のひとつになれますようにとひっそり願いながら挑ませて頂きます。ふくだももこ監督、不束者ですがどうぞよろしくお願い致します!!!

◆監督:ふくだももこ コメント

“うらじぬのを撮りたい!”きっと世界中で、私が一番うらじさんを撮りたい映画監督だ。そして、うらじさんがもっとも魅力的に映る物語は、西加奈子さん原作の「炎上する君」しかないと思った。熱い熱い映画が生まれる!


●堀家一希・主演作品『世界は僕らに気づかない(仮)』

◆あらすじ

純悟と優助は、とある地方都市に住むゲイの高校3年生。アプリで出会った2人は、どちらが先に恋人をつくることができるか賭けをしていた。そんな矢先に純悟は初恋の人、宗太と再会することとなる。宗太との再会によって愛する人のいる喜びを知る純悟だが、優助との関係が大きく変わっていく。そして高校の卒業を迎える2人は人生の大きな節目に立つこととなる。2人は恋人をつくることができるのだろうか? そして、本当の愛を見つけることができるのだろうか?

◆堀家一希 コメント

沢山のご応募頂きありがとうございました。今回、飯塚花笑監督の「世界は僕らに気づかない」という映画に出演させていただきます。初めて挑む役です。全力で演じていきたいと思います。よろしくお願いします。

◆監督:飯塚花笑 コメント

堀家さんに初めてお会いしたときその心の内に何か葛藤を抱えていると漠然と感じました 絶対に愛してもらえない それでも愛してしまう心の葛藤を 愛に飢え、それでもその先に愛を見つける少年の物語を丁寧に撮り上げたいと思います


●植田雅・主演作品『階段の先には踊り場がある(仮)』

◆あらすじ

ダンサーを目指し芸大の舞踏科に通う大学生「ゆっこ」は米国留学の最終選考に向けて練習に熱が入る。「高橋」は同じ大学の演劇科に通う元カレ。演劇とダンス、それぞれ表現方法は違うが、ともにステージで戦う2人は互いに応援する気持ちもあり、友達でも恋人でもない微妙な関係性が続き、別れた今も一緒に暮らす。やがて、もっと大きな舞台を目指したいゆっこと、慣れ親しんだ小劇場で活動したい高橋との間に溝が生まれ始めて…。

◆植田雅 コメント

このような機会を頂き嬉しい気持ちと同時に少し不安な気持ちもありますが、とても楽しみです。この作品を見て下さった、一人でも多くの方の心を動かせられるよう精一杯頑張りたいと思います。

◆監督:木村聡志 コメント

植田雅さんは繊細で無色透明。と同時に赤にも青にも何色にもすごい変化していきそうなそんな力強さも感じます。今しか撮ることのできない彼女の「ファーストカラー」を作品にできるのが楽しみです。


●山﨑果倫・主演作品『夢の中』

◆あらすじ

映画監督志望のショウは借金に苦しんでいる。そんなショウとは裏腹に仕事が順調な彼女アヤ。アヤに対して強い劣等感を感じているショウはひょんな事で出会ったタエコと体の関係を持ってしまう。ショウとしては軽い遊びのはずだったがタエコは違い、その日以降執拗に連絡を取ってくる。タエコはショウに金銭面の援助をする事で切っても切れない関係を築き上げていく。卑怯なショウは断る事が出来ずタエコとアヤととの二重生活が始まる。

◆山﨑果倫 コメント

映画には、人の人生を変える力がある。私はずっとそう信じています。そして映画は、時には自分を認めてくれて、時には叱ってくれて、言葉にできない気持ちを代弁してくれたり、自分の本当の気持ちを教えてくれたりする。そんな力がある芸術だと思っています。だから今回のこの“感動シネマアワード”では、沢山の人の心を揺らしたい。「感動」で衝撃を与えたい。自分の可能性と、映画がもつ力に、全力で賭けてみたいと意気込んでいます。

◆監督:都楳勝 コメント

映画には観客の人生を変える力があると思っています。とても責任の伴う媒体です。初めて山﨑果倫さんを見た時、心の奥底からギラついた野心を感じました。この人となら世間に訴えかける冒険が出来ると思いました。とても、楽しみです。


⇒次ページにて企画プロデューサーのコメントを紹介


2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)